ユーフォルビア・花キリン(Euphorbia milii) | 育て方

Euphorbia milii(ユーフォルビア・花キリン)はきれいな花をたやさず咲かせ続けてくれる。冬はいくぶん花数は減るが本当によく咲く。ホームセンターなどの観葉植物コーナーで小鉢を集めたトレーの中に観葉に混ざってハナキリン(花キリン)の名で売られていることが多い。そんなEuphorbia Miliiを紹介。

続きを読む

Billbergia ‘Midnight Sun’(ビルベルギア ミッドナイトサン)の紹介 | 育て方

Billbergia ‘Midnight sun’(ビルベルギア・ミッドナイトサン)の紹介です。Billbergia(パイナップル科・ブロメリア ツツアナナス属・ビルベルギア)の園芸品種の中では有名な品種で、Domingos Martins × Arribaの交配によって有名なリサ・ビンサントさんが作り出された種類です。赤黒い筒に白い斑点と白いバンドが入ります。季節や環境によって色の出方が変わります。写真中心に紹介と育て方を記載しています。

続きを読む

ギムノカリキウム・緋牡丹錦 | 育て方

ギムノカリキウム属の緋牡丹錦(Gymnocalycium friedrichii f. variegata)が開花した。小鉢(ミニ蘭鉢2.5号)に植わった小さな株であるにもかかわらず毎年咲いてくれる。緋牡丹錦は1年を通して鮮やかな赤が美しくベランダを彩ってくれる存在だ。

続きを読む

ユーフォルビア・オベサ(obesa)が枯れた。理由を考察する

ユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)が枯れた。植物は突然死することはあるが、大体の場合は何かしらの要因があると思う。できるだけ枯らさないように育てているつもりだが、毎年いくつかの植物が枯れてしまう。今回もまんまるでお気に入りのオベサが枯れてしまったので考察する。

続きを読む

ユーフォルビア・オベサの実生、成長記録(更新中)

丸くてかわいいユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)を複数株の実生をしているので記録として。播種から発芽などの記録、写真を撮影したタイミングで更新していきます。ぜひ興味のある方はブックマークに入れるかフォローください!

続きを読む

ビルベルギアが役目を終えて枯れた(DM x Beadleman x ?)

ビルベルギア(billbergia)のDomingos MartinsとBeadle Manとの交配株が枯れてしまった。札落ちでDM系の交配としかわからず、すでに開花済みの株で2017年に子株をつけたが良い感じに子株が育ったとき、台風で鉢が吹き飛びほぼ外れた状態になってしまったので役割を終えて外しました。

続きを読む

ルミナスの錆びないガーデンラックを3年使ってみた

メタルラックで有名なルミナスから発売されている錆びにくい塗装がされたガーデンラックを購入して2年使ってみたので使用感含めてレビューをしたいと思う。作りも良くてサイズ展開を期待したい商品です!コンパクトで狭いマンションのベランダなどにも最適です。そんなルミナス・ガーデンラックをご紹介。

続きを読む

アガベ・姫雷神 ベッキー(Agave potatorum ‘Becky’)の紹介

アガベ・姫雷神(Agave potatorum)の中斑で、ベッキー(Becky)という名称で呼ばれている小型のアガベの紹介です。アガベ・雷神(Agave potatorum)は案外大きくなるのですが、小型タイプで姫雷神と呼ばれているようだ。小型のアガベで綺麗な中斑が入っている。散った斑入りの場合は楊貴妃となるのだろうか。

続きを読む

コピアポア・モンタナ(Copiapoa montana・妖鬼玉)| 育て方

コピアポア・モンタナ(Copiapoa montana)が毎年5月〜6月にかけて開花してくれる。本体に対して黄色いく花びらが赤くグラデーションがかかった大きな花が咲いて非常に綺麗な花。花が咲いていないときもよい。コピアポアはかっこいいサボテンが多いと思う。なお和名は「妖鬼玉」というアニメの技みたいな名前。

続きを読む

シゾバシス・イントリカータの実生記録

玉ねぎのような丸い球根から細い枝がでてくるヒヤシンス科シゾバシス属の植物、3年ほど前から育てているシゾバシス・イントリカータ(schizobasis intricata)。毎年花が咲いては自花受粉していくつか結実していたが、ちょっと数日間、目を離したすきに種が落ちてなくなり収穫できずにいた。

続きを読む

イオナンタ(Tillandsia ionantha)が開花した

チランジア・イオナンタ(Tillandsia Ionantha)が開花をした。世の中ではエアプランツとして売られていて100円ショップなどでも入手はできる種類です。開花までの簡単な育て方と一緒に紹介。普段は緑色の葉だが開花に向かって全体が色づき開花してくれました。

続きを読む

おすすめの錆びないベランダ用ガーデニングラック(棚)の選び方

マンションや都会のスペースが少ない場所でガーデニングをする人は、日照や場所に制限がある場合が多く、植物を置くためにラック(棚)を導入する人が多いと思いますが、その時にガーデニングラックが錆びてしまうのが非常に気になる。見栄えは悪いし鉢に錆が移ったりもする。

錆びにくいベランダ用(室外用)のガーデニング用ラック・棚を数年使ってみたので、使ってみてよかった商品や気になった商品をおすすめします。

続きを読む

オベサの雌雄(雄株、雌株)の見分け方と受粉方法

サボテンみたいな見た目の棘がなく丸くてかわいいユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)の雄株と雌株の見分け方と受粉の方法を紹介します。オベサは雌雄別体で雄株と雌株があります。オベサに関しては比較的小さい株でも開花するので雄株と雌株(雌雄、オス、メス)を見分けは簡単です。ただし開花しないとわからないです。

続きを読む

ユーフォルビア・フランコイシーが枯れた。理由を考察する

沢山の植物を育てているとなかなか上手に育てられなかったり、自分の環境に合わなかったりする。毎年幾つかの植物を枯らせてしまっているがかわいそうであるが仕方ないと諦めるしか無い。それでもなぜ枯らしてしまったかはきちんと振り返って今後に活かすようにしたい。

ユーフォルビア・フランコイシー(Euphorbia Francoisii)は、トウダイクサ科のユーフォルビア属。ユーフォルビアは丸いオベサや様々な形をしたものが属しているけれども、花を見ると同じ仲間だなと思うところがある。

続きを読む

アルブカ コンコルディアナの実生、成長記録(更新中)

冬型球根であるアルブカ・コンコルディアナ(albuca concordiana)が開花後、自然に受粉し結実。種が取れたので実生をしてみました。アルブカ コンコルディアナはユリ科アルブカ属でアフリカ原産の球根(bulbs)。冬型の球根で夏のおわり頃に成長をはじめて、春になると開花。その後葉っぱが枯れて休眠します。

続きを読む