Euphorbia(ユーフォルビア)

ユーフォルビア・原種系ハナキリン(Euphorbia milii ver. imperatae)

ユーフォルビア・ハナキリンは古くから国内流通しており、大きな花を咲かせる交配種なども多く流通している。大きい株は葉や花が大柄で見栄えもよいが、原種系のハナキリンもコンパクトにまとまり小さい葉っぱが可愛らしい。そんなユーフォルビア・ハナキリン(Euphorbia milii ver. imperatae)の紹介

続きを読む

ユーフォルビア・紅彩閣が枯れた。理由を考察する

緑の柱に赤いトゲが美しいユーフォルビア・紅彩閣(Euphorbia enopla)、購入して2年になった。はじめは5cm位の高さだったが、2年で15cmほどになり枝も沢山出していた。ベランダで一番日光の当たる時間の長い一等地に置いて赤いトゲがキラキラ光って綺麗だったが枯れてしまった。

続きを読む

ユーフォルビア・シンメトリカとオベサとの違いは?

丸くて可愛らしい球体ユーフォルビア。ユーフォルビア・オベサ(Euphorbia obesa)とユーフォルビア・シンメトリカの違いについて、なかなか見分けがつきにくい。それもそのはずシンメトリカはオベサの亜種である。自宅にあるオベサとシンメトリカの写真を交えながら違いについて。

続きを読む

ユーフォルビア・花キリン(Euphorbia milii) | 育て方

Euphorbia milii(ユーフォルビア・花キリン)はきれいな花をたやさず咲かせ続けてくれる。冬はいくぶん花数は減るが本当によく咲く。ホームセンターなどの観葉植物コーナーで小鉢を集めたトレーの中に観葉に混ざってハナキリン(花キリン)の名で売られていることが多い。そんなEuphorbia Miliiを紹介。

続きを読む

ユーフォルビア・オベサ(obesa)が枯れた。理由を考察する

ユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)が枯れた。植物は突然死することはあるが、大体の場合は何かしらの要因があると思う。できるだけ枯らさないように育てているつもりだが、毎年いくつかの植物が枯れてしまう。今回もまんまるでお気に入りのオベサが枯れてしまったので考察する。

続きを読む

ユーフォルビア・オベサの実生、成長記録(更新中)

丸くてかわいいユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)を複数株の実生をしているので記録として。播種から発芽などの記録、写真を撮影したタイミングで更新していきます。ぜひ興味のある方はブックマークに入れるかフォローください!

続きを読む

オベサの雌雄(雄株、雌株)の見分け方と受粉方法

サボテンみたいな見た目の棘がなく丸くてかわいいユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)の雄株と雌株の見分け方と受粉の方法を紹介します。オベサは雌雄別体で雄株と雌株があります。オベサに関しては比較的小さい株でも開花するので雄株と雌株(雌雄、オス、メス)を見分けは簡単です。ただし開花しないとわからないです。

続きを読む