ガーデニング用品

植物栽培を楽しくする園芸用品・ガーデニング用品のカテゴリです。肥料や用土、鉢、植物栽培を楽しむためのハードウェアからソフトウェアまで。

無印良品のステンレスユニットシェルフを室外ガーデンラックとして利用

無印良品の人気商品ステンレスユニットシェルフを植物栽培のための室外のベランダラックとして利用してみた。若干錆は浮いてくるものの自由度があり、ベランダ用のラックとしてはおすすめです。2016年に導入してそれ以来ずっと利用していますが多少メンテナンスをすれば問題なさそうです。

続きを読む

プラ鉢の腰水、鉢皿にセリアのKITCHEN ORGANIZERがおすすめ!

100円ショップなどで栽培環境で使えるものは無いか、特に実生環境で使えるものはないかとみなさんも探したりしていると思いますが、プラ鉢の腰水、鉢皿にセリアのKITCHEN ORGANIZER(キッチンオーガナイザー)というのを1年以上利用してよかったのでご紹介

続きを読む

温度湿度ロガー「Inkbird IBS-TH1 mini」気温をスマホで確認!

自宅の栽培環境の温度は気になるところ。特に最低気温や最高気温など。スマートフォンで過去の気温や湿度、リアルタイムで気温や湿度をチェックできる温度湿度ロガーの「Inkbird」を使ってみたので紹介とレビュー。爬虫類を育てている人が多く利用しているようです。

続きを読む

googleレンズで植物を認識させてみた。正誤は…?

2018年11月からGoogleレンズがGoogle公式端末以外でも対応した。「Googleアシスタント」「Googleフォト」経由で利用できるとのこと。11月にGoogle Pixel3を購入してカメラアプリにGoogleレンズが搭載されているので育てている植物をGoogleレンズでチェック

続きを読む

水やりチェッカー!SUS-TEE(サスティー)を使ってみた

植物や多肉植物の水やりのタイミングは難しい。植物を枯らしてしまう要因の多くは水やりに起因することが多い。大抵の場合は水の与えすぎでの根腐れなど。そんな水やり管理をサポートしてくれる水分計のSUS-TEE(サスティー)を使ってみた。視覚的に用土内の水分がわかり水やりタイミングを教えてくれるアイテム。

続きを読む

おすすめの植物系の雑誌、園芸・ガーデニング本の紹介

最近、雑誌などで植物系の特集などをよく見るようになってきた。また昔からある雑誌や、専門誌など自分が買った本の中でおすすめの本を紹介する。SNSやブログなどで新しい植物との出会い、図鑑的な意味合いではとても多くの情報が増えてきた。自分は自生地の情報が知れたり、鉢と植物の組み合わせによってカタログ的に見れる雑誌や本が好きです。自分が好きな順番に紹介です。

続きを読む

錆びないラックの決定版!無印良品の溶融亜鉛ガーデンシェルフがおすすめ

色々なベランダ用のラックを試したところ一番錆びないワイヤーラックは無印良品から販売されている溶融亜鉛シェルフだった。3年以上利用してみたので使用感含めてレビューをしたいと思う。いまイチオシのラックで、背の高いラインアップがないが非常に良い商品である。

続きを読む