[書籍]コノフィツム全書 2020/7/2発売

conoconoさんが著書のコノフィツム専門誌。コノフィツムに関する栽培方法や200種以上を掲載する、まさにコノフィツムに特化した書籍。様々な植物の書籍が販売されていますが1つの属に特化した書籍は珍しい。2020年7月2日発売予定。

コノフィツム全書の紹介

コノフィツム全書
コノフィツム全書の表紙画像(conoconoさんより)

コノフィツムとは南アフリカに自生する多肉植物。指先ほどの一粒で高価な種もあり「生きる宝石」として世界中で注目されている。

コノフィツムは南アフリカやナミビア原産のハマミズナ科コノフィツム属の多肉植物です。

 生長期は冬。ぷくぷくした、指先ほどの一粒は、色や形も様々で、中にはとても高価なものもあります。

 その価格から「生きる宝石、花さく宝石」と呼ばれることもあるほどです。

 その人気の一方で、コノフィツムに関する正確な品種や栽培情報がまとまっている本は今まであまりありませんでした。

 200種以上を掲載する本書は、まさにいまコノフィツムマニアが待ち望む一冊となるでしょう。

楽天ブックスの商品紹介ページより

conoconoさんの紹介

最近ライブコマースが特に海外中心に盛んになっていますが、TwitterやSNSで事前告知があるとほんと購入する楽しみが増しますね。予約しました。

植物の販売もこのような感じでただECサイトやECモール、オークションなどではなくこういった形で販売されるともっと盛り上がるなって思います。野菜直売所の生産者の顔が見えるのもう一歩先へ!

関連コンテンツ

近年発売された書籍で下記の3冊はおすすめです!

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。