アロエ・ドニー(Aloe ‘donnie’)の育て方

アロエ交配種(ハイブリッド)で、コンパクトで育てやすく、美しい地肌と鋸歯のアロエ・ドニー(Aloe ‘donnie’)の紹介と育て方です。

アロエ・ドニー(Aloe ‘donnie’)の紹介と育て方

アロエの交配種。Kelly Griffin作のAloe hybridのようだ。別名はAloe ‘Bright Star’。非常に育てやすく日本の夏の環境から、0度程度までは耐えられる。コンパクトタイプのアロエで小さなロゼットを形成する。

群生しやすいようで、数年植え替えないと写真のように次の植え替えに困るようになる。この株を植え替えようとすると必然的に鉢の数が増えてしまう。小型アロエの群生は非常に鑑賞するには良いと思う。葉が硬質でかっちりとしている。

アロエ・ドニーの画像3
2018年8月7日に撮影したアロエ・ドニー

ここまで群生してしまうと植え替え時にバラすしかなくなってしまう。3年ほど植え替えをしていない株でたまに液肥(ハイポネックス)などを与えているので根詰まり気味だとは思うがきちんと成長をしているので鑑賞を考えるとこのまま群生株として育てるのは有りかもしれない。

2016年10月29日に撮影

日照の当て方によって発色が変わってくる。日に当てたほうが赤みが帯びて締まった株になる。2018年の写真は朝日〜3時間程度の日照で、赤みがなくなってしまった。特に徒長するといったことはなかったが、全体的には青っぽくなってしまった。2016年は朝日〜正午までの間の直射日光があたっている状態だった。

植え替えに関して

有機用土を少なめにし、水はけの良い用土を利用している。赤玉土、ゴールデン培養土を2:1程度で混ぜたものを利用。

増やし方

植え替えの際に株分けを実施する。個人的にはできれば群生にしたいため自然に外れた子株以外は出来る限りそのまま植え付けるようにしている。アロエの交配種によって子株ができやすいものとできにくいものがあるが、この種は比較的できやすいようだ。

アロエの耐寒性について

冬は、0度以下にならないように。また霜が当たらないようにしたい。小型のアロエ交配種はよく露地植えされているキダチアロエなどは雪が積もっても普通に枯れていないケースが多いが若干寒さには弱い。ただし今の所枯らしたことがない。

 

関連コンテンツ

アロエ ドニーの販売

Yahoo!ショッピングで販売中のアロエ ドニー

Yahoo!ショッピングで販売中のアロエ ドニーです。もっと探す場合は 「アロエ ドニーを検索(全2件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。