[雑誌]趣味の園芸 2020年9月号「多肉植物 運命の一鉢と出会う」| 紹介・感想

NHK出版より毎月発売されている趣味の園芸。2020年9月号の特集は多肉植物 運命の一鉢と出会う。コーデックス、アガベ、サボテンの多肉植物中心の特集と、流行っているビカクシダ、そして珍しいアリ植物の特集も。本のサイズがいつの間にか大きくなってる。

趣味の園芸 2020年9月号「多肉植物 運命の一鉢と出会う」の紹介

趣味の園芸 2020年9月号「多肉植物 運命の一鉢と出会う」
趣味の園芸 2020年9月号「多肉植物 運命の一鉢と出会う」

なぜか多肉植物系の特集だとコレクションカードが付いてくる。意外と写真が綺麗で説明があって面白かったり。毎回同じサイズだと思います。

目次はこんなかんじ。それぞれいくつかの植物の紹介とコラム的な読み物。紹介される植物は最近の多肉植物・塊根植物系の雑誌や書籍でいつも見る顔ぶれですが、写真綺麗。あと「コーデックス的植物」の藤川さんの選択のセンス良い!

ビカクシダも最近取り上げられるようになってきて細かく説明してくれていて育て方は参考になりました、別特集のアリ植物のページはそもそも珍しくて良かったです。アリ植物育ててみたい。

こんな人におすすめ

雑誌でその中の1つの特集なので雑誌全体で取り扱っているページ数は1/3程度。カードは面白いです。さっと最近の流行りの植物が知れるという意味ではよいですね。アガベはちょっとなあ。

専門の書籍などにはない雑誌としてコンテンツを費消するというのであればとても良いと思います。色々な植物が気になる人や最近始めた方には良いと思います。

人気のアガベやパキポディウムについて深く知りたいというのであれば少し違うとは思います!あくまで雑誌の特集として。

2020年1月号でも多肉植物特集でした。

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。