アガベ・チタノタをLEDライトで室内栽培、成長記録(2020年11月〜)

日照要求が強いアガベを室内で、LEDライト(人工照明)で栽培してみる実験、成長記録です。実験対象はアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)です。育て方なども掲載。

アガベ・チタノタのLED栽培実験開始から…
308日(約0年10ヶ月4日)経過中

LEDライトによる室内栽培環境

実験用のLEDライト栽培水槽。日照は当たらない環境です。
実験用のLEDライト栽培水槽。日照は当たらない環境です。

水槽を利用。LEDライトはパネル型。24時間ファン。1月の室内の温度は18〜23度。水槽内は明け方18〜日中28度で安定している。光量は直射日光の75%〜60%程度(60,000Lux程度)。照射時間は11時間。詳細は今後共有したいと思います。

LED栽培のアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’の栽培記録

2020年11月9日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2020年11月9日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

実験はこのサイズからのスタート。

2020年12月28日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2020年12月28日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

新しい葉が1枚展開しました。水やり頻度は大体3-4日に1回。この環境だと用土が乾くまで1-2日程度です。腰水などにすると成長は早くなりそうですが水槽内の他の実験株と同じ頻度で水やりをしています。

2021年1月30日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2021年1月30日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

少し色が悪い(WBが前回撮影と違いますがそれを差し引いても)。若干乾かしすぎのような気がしますが、成長点が前回撮影時より若干大きくなりました。根の状態が気になります。水槽内の温度が真冬でも日中は28度の温度になるため植え替えの季節は関係ないのですが春になったら植え替えを検討します。

2021年2月23日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2021年2月23日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

前回撮影から約1ヶ月後の状態です。新しい葉っぱが1枚展開を終わりました。小さめの鉢に入れているせいもあるが締まった葉っぱが展開してくれたように思える。なお水やり頻度は4日に1度程度です。

2021年3月30日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2021年3月30日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

前回から約1ヶ月経過したアガベ・チタノタです。新しい葉っぱが1枚展開しました。水やり頻度は大体4-5日に1回。温度は22-27度程度で安定、照射時間は変わらず11時間。もう2,3枚葉っぱが展開したら植え替えしないといけない状況になりそうです。

2021年5月20日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2021年5月20日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

前回撮影から約1ヶ月半経過したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)です。前回から2枚葉が展開しました。月に1枚の計算です。またわかりにくいですが写真の株の左側から子株が出てきました。最近は室温が25度、LED栽培用の水槽内は33度くらいになっています。

2021年7月23日に撮影したアガベ・チタノタ 'ブルーボール'(Agave titanota ‘Blue Ball’)
2021年7月23日に撮影したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)

前回撮影から約1ヶ月半経過したアガベ・チタノタ ‘ブルーボール’(Agave titanota ‘Blue Ball’)です。前回から2枚葉っぱが展開してきました。現在の環境だと1ヶ月に1枚程度の葉っぱが展開しきるという感じ。写真の大きめの葉はほとんどがLED栽培下で成長した葉です。子株もだいぶ大きくなってきました。鉢増しをあまりしたくないのですが子株外して根を整理したいので近いうちに鉢増ししてみたいと思います。(腰水皿に入るサイズの鉢を利用します)

2021年7月23日で実験から約8ヶ月経過しました。画像を並べて見ると成長がわかります。子株であれば2年位あるとある程度見応えのある株になるかもしれませんね。

関連コンテンツ

[rs key=”アガベ チタノタ”

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。