植物用LEDライトのアマテラス(AMATERAS LED)の紹介と設置距離の考察

数年ぶりに室内の植物栽培環境を整えようと、植物育成LEDライトのアマテラス(AMATERAS LED 20W)を購入したので商品の紹介と設置距離による照射範囲などの考察です。

アマテラス(AMATERAS LED)について

アマテラス(AMATERAS LED)の箱

太陽光に近い波長を意識した商品。所謂フルスペクトルの植物栽培用LEDライト。演色性がよくより自然に見える(Ra97)、一般的なLEDシーリングライトなどに比べても高演色で非常に自然に近いと言える。色温度はほぼ白に近い5900K。

残念ながら太陽光に近い波長を意識したと謳っているが波長分布のデータ、スペクトル分布(分光分布)は公開されていない。

アマテラス(AMATERAS LED)の公式サイト、購入

詳細なスペック情報や商品説明、購入は、販売メーカーの公式ショップが楽天市場とYahoo!ショッピングにある。自分はできる限りメーカー直販があれば直販で買うようにしています。楽天市場店で購入しました。

>>楽天市場の公式ページ

>>Yahoo!ショッピングの公式ページ

アマテラス(AMATERAS LED)の外観

アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像①
アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像①

アマテラス(AMATERAS LED)はCOBのLEDチップを使っているみたい。普通のネジで組み立てられているようなので分解したらどのようなチップを使っているのかわかる気はするが大体高演色タイプでCOBのLEDチップだとフルスペクトルかな。本体価格が非常に効果な植物用LEDライトだが結構コストが掛かっているように思える。

アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像②
アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像②

放熱フィンがアルミ製か、本体部分は樹脂製になっていて、いずれも黒塗装で電球単体としてはおしゃれな感じだ。

アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像③:リフレクターを外した様子
アマテラス(AMATERAS LED)の外観画像③:リフレクターを外した様子

アマテラス(AMATERAS LED)の反射板(リフレクター)を外した状態。フィンの部分はスリッドとなる。LEDチップはネジ止めされているが取れそう。

アマテラス(AMATERAS LED)のスペック

  • 照度:18,050lux ※照射距離40cm
  • PPFD:406μmol/m2s ※照射距離40cm
  • 全光束:2,098lm
  • 色温度:5900K
  • 消費電力:20W
  • 寿命:30,000時間
  • ソケット:E26
  • サイズ(高さ):140mm
  • サイズ(幅/φ):120mm
  • 重量:295g
  • PSEマーク認証済み

細かく性能を表示してくれています。植物用のLEDライトは結構どこぞのものかわからないものが多いが、PSEマーク認証済みは1つラベルとしては安心できます。植物の光合成に関する表現としてはPPFDを用いることが適当という文献あり(※参考:植物生産における光に関連した単位 東海大学 星 岳彦

数年前にIKEAから植物育成用のLED電球が突如販売された。IKEAという安心のブランドでお値段999円。スペックを単純化すると800lmで10W、3つ購入して並べると約3,000円で2,400lmではあります。

アマテラス(AMATERAS LED)の機能性

アマテラス(AMATERAS LED)はリフレクターが着脱式
アマテラス(AMATERAS LED)はリフレクターが着脱式

面白いのが反射板(リフレクター)が着脱式、LED電球に装着されているリングを外すと中の反射板を取り外すことができる。取り外すことで光の強さを和らげて広く照射できるようになる。反射板の有無による違いは後述する。

アマテラス(AMATERAS LED)の照射範囲と設置距離

アマテラス(AMATERAS LED)は反射板の有無によって明るさの強弱、照射範囲の広さをコントロールできる。推奨利用の最短の40cmで比較してみた。実際に試すと体感としては反射板を取ることによってLED電球自体から光が漏れて中心部光量が減るような感じを受けた。

照度を計測したわけではないし、AEで撮影したため露出量が変わっているので写真では判断難しいが反射板があるほうが中心部の光が強いことがわかる。

アマテラス(AMATERAS LED)の設置距離による照射範囲
アマテラス(AMATERAS LED)の設置距離による照射範囲

若干垂直ではないと電球の縁からの高さを計測しているので大雑把ではあるが高さ40cmの距離で設置した場合、大体有効な照射範囲の直径は100cmとなるようだ。

a(電球の高さ40cm)b(照射範囲半径50cm)

上記の計算式で角度を計算すると角度θは50度。アマテラス(AMATERAS LED)の照射角度は約100度前後だろう。反射板を外した場合の有効な照射範囲も変わらない。

意外と照射角度が広いと感じた。使いやすさ的には反射板を外したほうがよさそうだ。照射角度をより狭くする反射板とかもあっても良いと思った。例えば横1,000mmx奥行き500mmのラックの場合で40cmの距離で照射した場合、横はちょうど良いが奥行きは半分くらいの光がラック外を照射してしまう。

簡易的ではあるが設置距離(高さ)に対しての照射範囲。製品の推奨照射距離は40cm〜150cm。設置距離(高さ)150cmだとかなりの広範囲の照射。設置距離(高さ)を倍にすると光の強さは約1/4になってしまう点には注意。

アマテラス(AMATERAS LED)の照射範囲と光の強さ

照射距離40cmのときの反射板の有無

照射距離40cmのときの中心からの横軸:距離(cm)と縦軸:光の強さ(lx)、青線が反射板あり、赤線が反射板なし。計測はスマートフォンアプリで複数回計測の平均。実際のlxというよりは距離と光の強さの相対比較として見てください。

反射板ありの場合、中心部の光の強さがスポット的ではるがかなり強い。中心部から10cm程度離れると急に弱くなり、中心から20cm以降は反射板有無によってそれほど変わらない。なお中心から40cmの部分で光源からは56cm程度(約1.4倍の距離)となる。


反射板なしの場合の照射距離40cmと56cm

照射距離40cmと56cmのときの中心からの横軸:距離(cm)と縦軸:光の強さ(lx)の比較。赤線が40cm、緑線が56cm。

まず同じ中心部からの比較で中心部は40cm:4,964lxと50cm:2,515lxとなっているが、距離1.4倍であるため光の強さは大体0.5倍程度の論理値だが?概ねその傾向となっている。光源が球状ではないので計測通りの光の当たり方をするのだろう。

参考:曇天時の太陽下との比較

曇天時(やや空が見える曇り)の同じアプリケーションを使った照度計測は正午、太陽下で約18,000lx、軒下(直射日光が出ていれば日陰)で約6,800lx、軒下棚下(直射日光が出ていれば日陰もしくは半日陰)で約2,600lx、室内窓際(直射日光が出ていれば日陰)で約2,000lxだった。

参考:晴天時の太陽下との比較

晴天時(直射日光が射している状態)の同じアプリケーションを使った照度計測は正午過ぎ、太陽下で約85,000lx、軒下で約6,800lxだった。

設置距離と照射範囲、光の強さの考察

中心部の光の強さがほしい場合は反射板をつける。中心部以外は反射板有無によって大きく変わらないことと中心部と周辺の差が大きくなるため、強光線が必要な植物を中心に置くもしくは少数の植物に照射する場合に適していそう。

反射板がない場合でも設置距離40cmで、中心から20cm程度で光の強さは半減してしまう。差は倍程度なので設置する植物の種類などでうまくコントロールができそう。

あとは置く植物の高さによって照射距離が変わること。設置距離40cmであれば鉢の高さを入れると30cm程度になるので光は強くなる。(後日30cmでも計測してみます)、2台(2灯)並べて置くことで光の強さは論理値では倍になる。多肉植物をLED栽培する際は3灯位は欲しくなるかもしれない。

実際の設置例

鉢の高さ(写真だと蚊取り線香だけれども)を考えると高さ10cmの鉢であると最短距離は20cm程度の近距離照射になってしまう。直射日光が必要な多肉植物であれば余裕かもしれない。今後継続利用のレポートをしてみたいと思う。

アマテラス(AMATERAS LED)の公式サイト、購入

購入は、販売メーカーの直販が楽天市場とYahoo!ショッピングにある。値段が違うが送料を入れると同じ値段。自分はできる限りメーカー直販があれば直販で買うようにしています。楽天市場店で購入しました。

※記事の内容にご指摘がある場合は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

関連コンテンツ

AMATERAS LEDの販売

楽天市場で販売中のAMATERAS LED

楽天市場で販売中のAMATERAS LEDです。もっと探す場合は「AMATERAS LEDを検索(全2件)

Yahoo!ショッピングで販売中のAMATERAS LED

Yahoo!ショッピングで販売中のAMATERAS LEDです。もっと探す場合は 「AMATERAS LEDを検索(全5件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。