AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wの比較

BARRELから販売されている植物育成用電球型LEDライト「AMATERAS LED 20W(アマテラス)」と「TSUKUYOMI LED 20W(ツクヨミ)」の比較を行いました。

AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wのパッケージ
AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wのパッケージ

このページではAMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wの「スペック」「外観」「スペクトル」「演色性」の比較を行います。

それぞれの植物育成用LED電球のレビューは下記記事を参照してください。

AMATERAS LEDとTSUKUYOMI LEDのスペック比較

AMATERAS LED 20WTSUKUYOMI LED 20W
照度18,050lux21,690lux
PPFD406μmol/m2s507μmol/m2s
光束2098lm2098lm
演色評価数Ra9797
色温度5900K約4000-5000K
重量295g350g
消費電力20W20W
ソケットE26E26
PSEマーク
価格13,600円〜13,600円〜
AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wのスペック比較

サイズなどは同じで違いはCOB式のLEDの違いだけだろう。またLEDも色温度の違いだけだと思います。TSUKUYOMIの色温度は約4500K消費電力は実測で両方とも同じく18.4W

AMATERAS LEDとTSUKUYOMI LEDの外観

AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wの外観比較
AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wの外観比較

AMATERAS LED 20WとTSUKUYOMI LED 20Wの外観比較です、写真ではわからないですがLED、COBチップの色が若干違います。色温度と連動しているのかTSUKUYOMIのほうがオレンジかかっています。その他ボディーカラー以外の外観の違いはなさそう。

AMATERAS LEDとTSUKUYOMI LEDのスペクトル比較

相対値での比較になりますが、フルスペクトルのLEDで色温度の違いがスペクトルに出ています。植物的には青色と赤色の光が生育には大事とされている、とするのであればTSUKUYOMI LEDのほうが植物栽培用のLEDとしては適しているかもしれません。

また色温度的にはAMATERAS LEDの約6000Kは若干青白くオフィスや勉強机などの昼白色をイメージしてください。TSUKUYOMI LEDは昼光色よりやや電球色寄りと室内で利用する場合は自然の色合いになると思います。

AMATERAS LEDとTSUKUYOMI LEDの演色性比較

おまけとしてColor Renderingを掲載します。いずれもRa96と自然に近い光。写真写りも良いと思います。

AMATERAS LEDとTSUKUYOMI LEDの総括

いずれも基本的な性能は良さそうです。個人的にはAMATERAS LED 20Wの色温度は人の目の触れるところに設置するには若干高すぎるように思えます。これは自宅の照明が電球色寄りの昼光色にしているからで、自宅の照明が昼白色であれば気にならないかもしれません。植物的には660nm付近の赤色の量が相対的に多いTSUKUYOMI LED 20Wが良さそうですね。

各植物用LEDライトの詳細レビューを下記の記事で記載しています。

関連コンテンツ

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。