パキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)の紹介、栽培記録

2014年に新しく記載されたパキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)の紹介、栽培記録です。

パキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)について

Pachypodium enigmaticum
Pachypodium enigmaticum ※カタログより

自分が初めて見たのは、2015年8月、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催された「ウルトラ植物博覧会」にて。(ただ記憶が定かではなくて確か一時展示取りやめになってたようななっていなかったような)

情報として次に触れたのが、2018年のtoky.jpさんのインタビュー記事。直前のI.S.I.J.の会報でもコラム掲載(アロエ・プリンスローイの紹介、とてもよいコラムでした)されていた河野さんのインタビュー記事。

そこからときが流れて、2019年に発売された書籍の巻末で対談企画が組まれていたりして、河野さんのウェブサイトで「STORY OF PACHYPODIUM ENIGMATICUM」というコラムが掲載されていました。2020年6月6日に、2017年夏播種の2年半実生苗を販売していて、譲っていただきました。

パキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)の栽培記録・成長記録

2020年6月21日に撮影したパキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)
2020年6月21日に撮影したパキポディウム・エニグマティクム(Pachypodium enigmaticum)

2号角鉢に植わっているパキポディウム・エニグマティクム。小さくて可愛らしい。現地球ではなく国内実生株ではあるが栽培するのに枯らしてしまわないかドキドキします。仲良くできたら良いなと思う。

自宅の環境だと真夏が結構厳しい暑さで、Pachypodium rosulatum ver. graciliusは大丈夫だが、株の状態もあるがPachpodium horombenseがちょっと厳しい感じになることも。日照時間で調整するしかないので少し他の植物の日陰になるような箇所に置いてある。

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。