ホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)の紹介

ビロードが美しいインドネシアのスマトラ島から採取されたらしいホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)の紹介と栽培記録です。

ホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)について

2021年2月5日に撮影したホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)
2021年2月5日に撮影したホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)

SNSのフォローワー様から無理を言って頂いてしまったホマロメナsp.で自分にとってはホマロメナは初めての1株です。現地採取や現地採取由来のHomalomena sp.はそれなりに流通があるのですがどれも魅力的ではあるが種小名がなく個体を選ぶ感じで選びかねていてなにかのきっかけが必要で自分の中のストーリーは「SNSのフォローワー様から頂いてしまった」ホマロメナになります。

常湿下で育てられていたそうで、私にはとてもよい条件のホマロメナsp.で大切に育てたいです。

ホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)の栽培記録、成長記録

2021年2月4日に撮影したホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)
2021年2月4日に撮影したホマロメナ sp.(Homalomena sp. from Mt.besar)

75mm(2.5号)の鉢に、多肉植物用の培養土(ゴールデン培養土)、ゼオライト、ヤシガラ炭、軽石を混ぜた用土に植え付けました。用土の配合には特にこだわりがないのですがアグラオネマやカラテアなど東南アジア系の植物には大体培養土とヤシガラ炭と軽石を混ぜています。

常時腰水で管理したいため深めの鉢皿で腰水管理をしています。常湿で室温は冬期は18-23度くらいの環境で直射日光の当たらない明るめの室内のテーブルの上で管理しています。2月10日くらいに新しい葉が成長してくれていて無事に自宅の環境で成長を始めてくれました。

関連コンテンツ

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。