カラテア・マコヤナ(Calathea makoyana)| 育て方

       

葉の模様が美しい観葉植物、カラテア・マコヤナ(Calathea makoyana)の紹介と育て方。

カラテア・マコヤナとは

美しい模様の葉で、表面は緑色、裏側から見ると紫色になっており葉の薄い部分は透けている状態。また夜になると広がっていた葉が閉じていく休眠運動を行いその際の葉の表裏のコントラストがエキゾチックで、また美しい。きちんと育てると高さは45cm〜60cm程度になるようだ。

株が大きくなってくると葉の数も増え、それほど高さもでないので観葉植物として部屋のアクセントとしてもよい。カラテアやアグラオネマ全般に言えるが、耐陰性があるためマンションなどでも非常に育てやすく、日照を必要とする多肉植物とも日照の取り合いをしない。

 

カラテア・マコヤナの育て方

耐寒性について

熱帯地方の原産のため、温度は10度を切らないように管理したい。また暑さにも弱いが、耐陰性があり日本では室内の観葉植物として育てるのが良い。文献を調べると15度〜25度程度がよいようだが日本で育てる場合は室外でその気温を保つのは難しい。

冬は水を控えめにしていると5度程度の室内でも無事に越冬はしてくれる。都内のマンションであれば問題ない。寒さが厳しい日は出来る限り部屋の中心部や高さをとってあげると安心できる。

美しく育てるコツ

乾燥してくると葉が丸まってくる(葉のフチが波打つようになりいずれ丸まる)。湿度を保つように葉水を行うと良い。また強い日照や乾燥、新陳代謝で古い葉が枯れた場合は、根本に近い部分から切り取るとよい。

また色が悪い葉も切り取るとよいが、鉢の中で株が別れている場合が多いので、葉をすべて切り取ってしまう株がでないようにだけは注意したい。

水が好きな植物なので、表土が乾いたらたっぷりの水を与えると良い。室内で栽培している場合は、鉢受けの水はためないように注意したい。暖かい季節の成長期は2週間に1回程度液肥を与えると良い。

冬は成長が止まり水も吸わなくなるため水やりを控える。葉の様子を見ながら水枯れになってきたら与えるか葉水を続ける。

根詰まりや長い間植え替えをしないと、葉のサイズが小さくなったり高さがでなくなったりする。

 

植え替え/増やし方について

成長していくと球根のようなものが増えていき植え替えの時に株分けをすることが可能。根が意外と深く張るので深めの鉢のほうがよい。2年程度で植え替えてあげるのが良い。一定以上のサイズであとは株が別れていくので株分けして同じサイズの鉢に植え付けでよい。

植え替えは暖かくなってから。気温が15度を超えてきたあたりがよいだろう。水はけの良い用土で、腐葉土と赤玉土を1:1で混ぜたものを利用している。

育成記録

夜になると休眠運動で葉が立つ。その時に裏面の紫色の葉が見えるとまた美しい。

日中はこのように葉が広がる。自分の育て方は葉水を与えないし、多肉植物が多めということもあってか水やり頻度も非常に低い。結構表土が乾いている状態になっているし、葉の先が若干カールして水枯れのサインが出た状態でいる。が、案外枯れることはなく成長をしてくれている。

枯れた葉なども年に1度程度しか除去しないので、水やりタイミングが多くなると根腐れしてしまう可能性があるが、観葉植物を枯らしてしまう人は大体水やりのしすぎということがある。調子が悪くなったら水を与えないというのも一つの手かもしれない。意外と乾燥にも耐える。

枯れた葉はハサミで根元付近から切り取る。観葉植物ではあるので鑑賞性を損ねる。

葉が古くなってくると休眠運動をしなくなり夜になっても開いたままになってしまう。また葉の緑色が徐々に抜けてくる。もう少し全体が黄色くなったら根本からハサミで切り、見栄えを美しくするとよい。

関連コンテンツ

楽天市場で販売中のカラテア マコヤナ

楽天市場で販売中のカラテア マコヤナです。もっと探す場合は「カラテア マコヤナを検索(全14件)

Yahoo!ショッピングで販売中のカラテア マコヤナ

Yahoo!ショッピングで販売中のカラテア マコヤナです。もっと探す場合は「カラテア マコヤナを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す