観葉植物ビギナー向け!ポトスの育て方

       

ポトスはビギナー向けの植物といわれていますが、その理由をご存知でしょうか?艶やかな葉が優雅に垂れ下がる姿が美しい観葉植物、ポトスの基本的な育て方とおすすめの理由をお伝えします。

ポトス(Epipremnum aureum)について

ポトスの育て方、つややかで美しい葉が特徴

観葉植物として馴染みのあるポトスは、緑色や黄緑色のハート形をした葉が特徴の観葉植物です。

ポトスは熱帯雨林季候の国であるソロモン諸島や東南アジア原産のツル性の植物で、自然界では樹木に巻き付きながら上へ上へと育ち、室内用のポトスの葉に比べると、かなり大きく育ちます。

斑入りの葉を持つ品種が多く、見た目の美しさに加え育てやすいため、観葉植物ビギナーに人気があり、プレゼントにも最適です。

ポトスの育て方

ポトスは暖かい国が原産の植物ですので、沖縄以外の日本では、地植え(花壇などに植え付けること)での冬越しはできません。置き場所は、室内のレースカーテン越しに日光があたる明るい場所や、午前中だけ日の当たる半日蔭などが良いでしょう。

また、トイレや玄関など、比較的暗めの場所でも育てることができます。室内で簡単に育てることができるため、ビギナー向けの植物といわれているのです。ところが、夏の強い日差しには弱く、直射が長時間あたる場所では葉が茶色く焼けてしまうため、注意が必要です。

水やりについて

植物を育てる上で一番難しいことは、水やりのタイミングといっても過言ではありません。ポトスは、この水やりに関してかなり寛容なため、観葉植物ビギナーに向いているのです。

毎日水をあげなければ枯れてしまう、ということはありませんし、反対に水だけでも育てることが可能です。しかし、水切れに強いとはいえ、植物ですのでまったく必要ないということではありません。

水やりの頻度は季節や置き場所によって変わるため、葉をよく観察してあげましょう。ピンとしていた葉がしんなりとし始めた頃、たっぷりと水をあげ、鉢底には水を溜めないようにします。

ポトスの増やし方

ポトスの増やし方。挿し穂で増やす。

ポトスを育てていると、茎がどんどんと伸びてきます。下に垂れた姿も涼しげで良いのですが、放っておくとボリュームに偏りができ、間延びした姿になってしまいます。

そんな時は、長くなった部分を利用してポトスを増やしてみましょう。ポトスは、時期さえ合えば水につけておくだけで、ビギナーでも簡単に増やすことができます。暖かい時期に伸びてきた茎を節目ごとに切り分け、水につけておきましょう。

そのまま水耕栽培もできますし、根が伸びた頃に数本まとめた形で鉢植えにすると、すぐにこんもりとした姿を楽しむことができます。

冬の管理について

ポトスの故郷から冬の管理を考えてみましょう。熱帯雨林気候は一年を通じて暖かく、季節ごとの気温の変化はあまりありません。

そのため、日本の四季のような季節ごとの急な温度変化には弱く、10度を下回る頃には、なるべく気温差を少なくするよう心がけましょう。

冬でも比較的暖かい室内を選んで鉢を移動する、夜に冷える窓際からは距離を置いてやる、などの工夫をすると冬場でも元気な姿を保つことができます。

ただし、ヒーターやエアコンの風が直接葉に当たらないよう、気をつけることを忘れてはいけません。また、気温が低くなる秋頃からは生育が遅くなるため、肥料は控え、水やりの間隔も少しずつ長くするなど、季節に合わせた管理を心がけましょう。

まとめ ポイントをおさえてポトスを元気に育てよう

ポトスの葉の様子

観察することが習慣になると、愛着も生まれ、ポトスの変化にすぐ対応することができるようになります。

置き場所と水やりのポイントさえおさえて育てれば、ポトスは数年にわたって美しい姿で私たちを楽しませてくれます。緑のあるお部屋で、潤いのある生活を送ってみませんか?

楽天市場で販売中のポトス

楽天市場で販売中のポトスです。もっと探す場合は「ポトスを検索(全2634件)

Yahoo!ショッピングで販売中のポトス

Yahoo!ショッピングで販売中のポトスです。もっと探す場合は「ポトスを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す