フォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の紹介、栽培記録

メキシコ北部が原産のフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の育て方や栽培記録の紹介です。

フォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の栽培記録、成長記録

2020年6月14日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2020年6月14日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

冬に落葉をしたフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)ですが葉が出始めました。冬は落葉がはじまった頃に他の植物と一緒に室内に取り込み。室内の日の当たる場所に置いておきました。

2020年6月28日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2020年6月28日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

一気に芽吹きました。葉が出たときは1〜2時間直射日光の当たる場所で管理をしていましたが、日照不足を心配して、4-5時間直射日光の当たる場所で管理をしている。

用土は水はけの良い、ゴールデン培養土:赤玉土:桐生砂を1:1:1で配合したものにマグァンプKを入れたものを利用しています。

水やりは、用土が乾いたらたっぷり与えています。

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。