フォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の紹介、栽培記録

メキシコ北部が原産のフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の育て方や栽培記録の紹介です。

フォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)の栽培記録、成長記録

2020年6月14日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2020年6月14日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

冬に落葉をしたフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)ですが葉が出始めました。冬は落葉がはじまった頃に他の植物と一緒に室内に取り込み。室内の日の当たる場所に置いておきました。

2020年6月28日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2020年6月28日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

一気に芽吹きました。葉が出たときは1〜2時間直射日光の当たる場所で管理をしていましたが、日照不足を心配して、4-5時間直射日光の当たる場所で管理をしている。

用土は水はけの良い、ゴールデン培養土:赤玉土:桐生砂を1:1:1で配合したものにマグァンプKを入れたものを利用しています。水やりは、用土が乾いたらたっぷり与えています。

2021年2月12日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2021年2月12日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

冬になり落葉しました。寒さには弱くなさそうですが落葉は早かったです。高さを計測したところ表土から先端まで56cmでした。剪定をしようと思いましたがSNSにてそのまま育ててみては?というお声をいただいたのでフォークイエリア・マクドガリーはこのまま大きくなってもらうことにします。

2021年5月8日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)
2021年5月8日に撮影したフォークイエリア・マクドガリー(Fouquieria macdougalii)

フォークイエリア・マクドガリーは春になり一気に芽吹いてきました。twitterで「剪定したほうが良いか?」と聞いたらそのままにしましょうというご意見をいただきましたので剪定せずにそのまま伸びていただくことにしました。去年に比べると葉が小さいのは用土の肥料分が足りないかもしれません。

フォークイエリアの販売

楽天市場で販売中のフォークイエリア

楽天市場で販売中のフォークイエリアです。もっと探す場合は「フォークイエリアを検索(全11件)

Yahoo!ショッピングで販売中のフォークイエリア

Yahoo!ショッピングで販売中のフォークイエリアです。もっと探す場合は 「フォークイエリアを検索(全30件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。