ユーフォルビア・メロフォルミスの実生・成長記録(2016年6月〜更新中)

2020年1月6日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス
       

ユーフォルビア・メロフォルミス(Euphorbia meloformis)の種を輸入したので、種から育ててみました。ユーフォルビア・メロフォルミスとして複数のサイトから輸入してみましたが全く違う容姿。この株も複数のユーフォルビアの交配のようです。

ユーフォルビア・メロフォルミス(Euphorbia meloformis)の実生記録

球型のユーフォルビアで、花が咲いた後、花柄が残る。球体は縞模様が出ているものも多いが球体のユーフォルビアは交配しやすく、色々と交雑している可能性が高いように思える。

2016年7月2日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2016年7月2日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2016年6月26日に種を播きました。湿度を保つために腰水と発芽までラップを付けていました。(最近はユーフォルビアの実生はラップを付けないで育てています)

用土は通常の多肉植物用の用土(多肉植物の培養土)に表面に湿度を高めるための根張りをスムーズにするためにパーミキュライトを敷きました。管理が若干しにくくあまり良くはなかったです。

2016年9月4日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2016年9月4日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

種を播いてから約2ヶ月経過したユーフォルビア・メロフォルミス。ユーフォルビア・オベサなどと比べると球体から葉のようなものが出ていてメロフォルミスっぽさの特徴が出ていると思います。

2017年6月24日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2017年6月24日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

種を播いてから約1年経過したユーフォルビア・メロフォルミス。周りのユーフォルビアも同時期に播種しましたが成長が早い。

2018年5月28日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2018年5月28日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

種を播いてから約2年経過したユーフォルビア・メロフォルミス。植え替えは一度も行っておらず、たまに水やりの変わりに液肥(ハイポネックス)を与えています。

2018年12月7日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2018年12月7日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

大人の顔つきになってきました。

2019年5月2日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2019年5月2日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

種を播いてから約4年。初めて花を咲かせてくれました。奥の1株が調子が悪くて枯れてしまいそう。スペースの問題もありかわいそうではありますがまだ一度も植え替えをしていない状態です。

2020年1月6日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2020年1月6日に撮影した実生のユーフォルビア・メロフォルミス

2019年の冬シーズンは暖冬で、まだ外で過ごしてもらっています。寒さに当たったからか色づいてきて模様がはっきりしたように思えます。この後室内に取り込みましたが模様がだいぶ薄くなりました。この手のユーフォルビアは寒さには強く、放射冷却の冷たい空気や冷たい風を当て続けなければ、比較的温暖な地域であれば外で越冬できそうです。

実生の関連コンテンツ

楽天市場で販売中のユーフォルビア メロフォルミス

楽天市場で販売中のユーフォルビア メロフォルミスです。もっと探す場合は「ユーフォルビア メロフォルミスを検索(全11件)

Yahoo!ショッピングで販売中のユーフォルビア メロフォルミス

Yahoo!ショッピングで販売中のユーフォルビア メロフォルミスです。もっと探す場合は「ユーフォルビア メロフォルミスを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す