アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の実生、成長記録(2021年5月〜)

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種を入手したので、種から育てる実生を行ってみました。アロエ・ブルーミーの成長記録、育て方の紹介です。

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種を播種してから…
49日(約0年1ヶ月18日)経過中

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)について

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種をケーレスから輸入してみました。アロエ・ブルーミーは南アフリカ全域に自生しているようです。ケーレスからの輸入については下記の記事を参照ください。

また管理方法としては下記のパキポディウムのお手軽種まき編と同じ方法で行っています。

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の栽培記録

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種
アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種

ケーレスから輸入したアロエ・ブローミーの種です。特に殺菌などの処理はせずにそのまま種を播きました。用土は普段利用している用土で、ゴールデン培養土:桐生砂:赤玉土を1:1:1で混ぜた物を利用しました。

2021年5月16日に撮影したアロエ・ブローミー(Aloe broomii)の実生
2021年5月16日に撮影したアロエ・ブローミー(Aloe broomii)の実生

アロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の種を播いてから約10日で発芽しました。大体気温は20度〜25度程度。直射日光の当たらない外置きのラック。蓋やラップなどはせずに腰水と1日1回程度上から霧状の水をかけて管理しています。発芽率はまずまずでした。

2021年5月28日に撮影したアロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の実生
2021年5月28日に撮影したアロエ・ブルーミー(Aloe broomii)の実生

大体のアロエ・ブルーミーの種が発芽してくれました。発芽後は腰水を続けています。気温が25度を超えてくるようになりました。もう少し大きくなってきたら徐々に日光に当てるなどをする予定です。このくらいのサイズだと乾かしてしまうと枯れる可能性があるので水が切れないように注意して管理をします。

関連コンテンツ

aloe broomiiの販売

Yahoo!ショッピングで販売中のaloe broomii

Yahoo!ショッピングで販売中のaloe broomiiです。もっと探す場合は 「aloe broomiiを検索(全3件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。