アロエ・カスティロニアエ(Aloe castilloniae)

       

マダガスカル原産のアロエ・カスティロニアエ(Aloe castilloniae)。短めの葉を展開し緑色の肌と赤色のトゲのコントラストが美しい小型種。

アロエ・カスティロニアエについて

マダガスカル南西部にあるジョフレヴィルというところの石灰質の岩や険しい崖などに生息している。2006年に発見された比較的新しいアロエ。

成長は遅く、2-3cm程度の小さく細めで硬質の葉がロゼットを形成しながら伸びていく。コンパクトなアロエですが高さ、というよりは長さが出てくる。海外で大きく育った株の写真を見ると長く育ち垂れ下がり群生のようになる。群生の直径は1m程度にもなるようだ。

この写真の株は株分けの写真で、まだ開花をしていないが、春先と秋口に開花をする。

日本にはアロエ・カスティロニアエの名前でいくつかのタイプが出回っている。

この株に関して、詰った硬質の葉、やや薄い緑色に赤い鋸歯のコントラストが美しい。他のアロエの栽培から厳し目の環境よりも緩い環境のほうが葉の色などはきれいかもしれない。ただ枝が伸びるアロエは日照不足になるとだらしない格好になってしまう。

 

育て方と増やし方

水はけの良い用土に植え付ける。有機用土はそれほど必要ないがマグァンプKを混ぜると良い。自分はゴールデン培養土に赤玉土を配合したものを利用している。

春から秋にかけて用土が乾いたら水を与える。真夏の暑い時期は成長が緩まるので表土の乾きと成長具合を見る。涼しくなると成長を再開し、アロエは開花をする株が増えてくるので表土が乾いたら水を与える。

増やし方は株分けで可能。子株がでたら植え替え時に株分けを行う。

楽天市場で販売中のカスティロニアエ

楽天市場で販売中のカスティロニアエです。もっと探す場合は「カスティロニアエを検索(全1件)

Yahoo!ショッピングで販売中のカスティロニアエ

Yahoo!ショッピングで販売中のカスティロニアエです。もっと探す場合は「カスティロニアエを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す