アローディオプシス・マルニエリアーナ(Alluaudiopsis marnieriana)育て方

       

細い枝にマダガスカル固有種によく見られるトゲ、多肉質の短い葉がかわいいアローディオプシス・マルニエリアーナ(Alluaudiopsis marnieriana)の紹介と育て方です。

アローディオプシス・マルニエリアーナ(Alluaudiopsis marnieriana)について

アローディオプシス・マルニエリアーナ(Alluaudiopsis marnieriana)の画像

マダガスカル固有種のディディエレア科ディディエレア亜科アローディオプシス属。アローディオプシス属はアローディオプシス・マルニエリアーナ(Alluaudiopsis marnieriana)とアローディオプシス・フィヘレネンシス(Alluaudiopsis fiherensis)の2種。デカリア属やアローディオ属(コモサなど)と雰囲気が似ています。

南部のマダガスカルが原産。CITES II。あまり流通はしていないがアローディオ属のように挿し木で比較的容易に増やすことができそうだ。ここで取り上げる株は挿し木苗です。

アローディオプシス・マルニエリアーナの画像2

多肉質の葉が可愛い。竹串で支えていますがサイズ感は竹串を参考にしてください。

アローディオプシス・マルニエリアーナの画像3

トゲも可愛らしい。木肌はアローディオやデカリアなどと似た感じ。

アローディオプシス・マルニエリアーナの育て方

マダガスカルの南部、南東部原産ということで寒さには弱いので冬は10度を下回る頃に取り込んだほうが良いだろう。

夏の管理

マダガスカルの植物は現地の気候を考えると夜の寒暖差があったほうがよいが、夏は旺盛に成長する。また用土が乾いたらたっぷり水を与える。

冬の管理

10度を下回ることろに取り込む。冬に向けて徐々に水やりを控える。冬は葉の様子を見てだが断水気味に育てる。状態によっては葉を落とす。春になると新緑の新しい葉が旺盛にではじめる。旺盛にではじめたら水やりを再開する。

関連コンテンツ

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す