デカリア・マダガスカリエンシス(Decarya madagascariensis)

       

ジグザグの枝にマダガスカル固有種によく見られるトゲ。先端に小さい葉をつける。ジグザグの木の名称で流通している場合があります。デカリア・マダガスカリエンシス(Decarya madagascariensis)の紹介と育て方。

デカリア・マダガスカリエンシス(Decarya madagascariensis)について

マダガスカル原産でディディエレア科デカリア属(Decarya)にはこのデカリア・マダガスカリエンシス(Decarya madagascariensis)のみの1種が登録されています。やや太めのジグザグの枝が特徴で、先端に小さな葉をつける。葉をつけていない枝も生きているようです。

ディディエレア科の他の植物の特徴と似ているところがあります。

枝の色はグレーになっていますが、海外の大株などを見るともう少し艷やかなグリーンをしている。環境によるものなのか個体差によるものなのか、もしくはこの株の入手時の札が間違っているのかは定かではないです。ここで取り上げる株は国内の実生株とのこと。

photo by brewbooks

photo by brewbooks / オーストラリアの植物園?で撮影

photo by Christian Defferrard / マダガスカルの現地写真

photo by Christian Defferrard / マダガスカルの現地写真

現地の写真(Fort Dauphinで撮影とのこと)をみると、結構な大木になるようです。

枝の部分の拡大。節の部分に2本のトゲがでるようです。現地の写真を見るとここから花が咲くのでしょうか?

冬になると落葉して春になり暖かくなると、枝が伸びていき、節の部分に葉がでてきた。この枝だけ分岐しながら成長していきました。他の枝は成長せず枯れ枝になっているのかどうかは不明です。雰囲気は生きている感じがするのでそのうち挿し木前提で切断してみたいと思う。

デカリア・マダガスカリエンシスの育て方

マダガスカル原産の植物なので、冬は10度を下回ってきたあたりから室内に取り込み断水気味に管理をします。自分は室内に取り込んだ場合は断水で管理しています。

夏は他の多肉植物や、パキポディウムと同様に表土が乾いて数日したら水をたっぷり与えるようにしています。現地の写真を見る限りパキポディウムなどよりは水を欲しがるようなきがしますが、葉の変化や枝の部分の変化がわかりにくいので水やりのタイミングは視覚的には難しい。

用土は水はけのよい多肉植物用の用土で管理しています。

剪定などを行うと比較的用意に挿し木で増やせるのではないかと思います。

関連コンテンツ

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す