アガベ・チタノタ 縞斑(Agave titanota f.variegata)

アガベ・チタノタで斑入りの種類はいくつかあるが、珍しい縞斑のアガベ・チタノタの栽培記録の紹介。

2021年10月16日に撮影したアガベ・チタノタ 縞斑(Agave titanota f.variegata)
2021年10月16日に撮影したアガベ・チタノタ 縞斑(Agave titanota f.variegata)

様々な植物で斑入りの植物があり種類によっては珍しいが、アガベ・チタノタの縞斑です。小さい苗でしたが2021年10月くらいに冬が近づき室内でのLED栽培を開始してみました。

2022年6月7日に撮影したアガベ・チタノタ 縞斑(Agave titanota f.variegata)
2022年6月7日に撮影したアガベ・チタノタ 縞斑(Agave titanota f.variegata)

新しい葉っぱがいくつか展開してくれました。LED栽培のほうがアガベは締まって見栄えがよいとおもいますが、春から少し外に出して管理をしています。元気そうに成長してくれています。

関連コンテンツ

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。