アガベ・インプレッサの実生・成長記録(2016年8月〜更新中)

アガベの中型種でなかなか流通していないアガベ・インプレッサ(Agave impressa)の種を入手したので、種から育ててみました。アガベ・インプレッサ(Agave impressa)の種から育てた栽培記録や育て方の紹介です。

アガベ・インプレッサ(Agave impressa)の実生記録

2016年8月23日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2016年8月23日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

2016年8月13日に種を播きました。気温が暖かく湿度があるため腰水のみで管理。用土は発芽したらすぐに植え替えるつもりがないので普段利用している多肉植物用の用土(ゴールデン培養土:赤玉土の配合)に表土は赤玉土で少し多い種を播きました。

大体1週間くらいで発芽が始まったようです。

2016年9月4日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2016年9月4日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

少し雰囲気がでてきました。発芽率は50%程度といったかんじでしょうか。アガベの実生で株が小さいうちは水を切らさないような管理をしたほうがよさそうです。また冬の間もできれば暖かい環境を用意して水を切らさないほうが成績が良いように思います。

アガベの越冬に関してはほぼ断水するケースが多く、同じ管理をしたらいくつかの苗を水枯れで枯らしてしまいました。

2018年5月26日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2018年5月26日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

少し間が空いてしまいましたが、実生から約2年経過。株によって成長速度が異なりいくつかの株が狭そうにしていたので鉢上げしました。2.5号のスリッド鉢に植え替えました。結構個体差があるようです。数ができたのでいくつか成長しているものは譲ったりしました。

2019年1月29日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2019年1月29日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

鉢上げして、大きい株のアガベよりも若干多めの灌水(水やり)、液肥などは与えていないです。アガベは水を与えるとそれなりに大きくなりますが、通常サイズの鉢のアガベより少し灌水頻度が多い程度の育て方です。

2019年5月20日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2019年5月20日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

2018年に続き2019年も植え替えをして鉢増しをしました。プレステラ90に植え替えました。少し大人の面持ちが出てきたようにも思えますが、、、まだまだでしょうか。大株のアガベ・インプレッサ(Agave impressa)の実物を見たことがなくネットなどの写真をみるからにまだまだ子供のような気がします。

2020年1月15日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ
2020年1月15日に撮影した実生のアガベ・インプレッサ

若干徒長気味のような気がしますが…2019年のシーズンはあまり水を上げることができなかったのでそこまで変化を感じられず。

関連コンテンツ

アガベ インプレッサの販売

楽天市場で販売中のアガベ インプレッサ

楽天市場で販売中のアガベ インプレッサです。もっと探す場合は「アガベ インプレッサを検索(全4件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ インプレッサ

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ インプレッサです。もっと探す場合は 「アガベ インプレッサを検索(全6件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。