アデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)の紹介、育て方

東アフリカ原産の塊根タイプのアデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)の育て方や栽培記録の紹介です。

アデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)について

アデニア・キルキー(Adenia kirkii)やアデニア・ペリエリ(Adenia perrieri)、アデニア・リンデリー、アデニア・ステノダクチラ(Adenia stenodactyla)のような地中に塊根を作るタイプのアデニア。少し細長い葉っぱが特徴的で可憐な感じがします。寒さには弱く最低気温が10度付近になると落葉をするようで室内に取り込みます。

アデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)の栽培記録

2020年9月26日に撮影したアデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)
2020年9月26日に撮影したアデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)

もう少し植え替え時に塊根部分を深く植えておけばよかった。塊根部分に直射日光は当たらないように管理をする。葉もそこまで直射日光を当てなくともよいようで、半日陰や明るい日陰で育てている。

水やりは成長期の場合、用土が乾いて数日経過した程度で与えていた。塊根部が大きいのでそこまで水やりをする必要はなさそうに思える。最低気温が10度付近になると落葉を始める。マダガスカルの植物よりも落葉が早いです。

2021年2月20日に撮影したアデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)
2021年2月20日に撮影したアデニア・ランセオラータ(Adenia lanceolata)

冬に落葉して一日数時間程度直射日光の当たる室内で管理していた。2021年は新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され在宅勤務だったからか日中気温が暖かく、例年よりも早く他の夏型の植物と同様に動き出した。

表土が濡れる程度の水やりをして、外が暖かくなるまでは室内で管理をする。

関連コンテンツ

アデニアの販売

楽天市場で販売中のアデニア

楽天市場で販売中のアデニアです。もっと探す場合は「アデニアを検索(全18件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニアです。もっと探す場合は 「アデニアを検索(全103件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。