アデニア・グロボーサ(Adenia globosa)の紹介、栽培記録

グリーンでゴツゴツした塊根がかっこいい東アフリカ原産のアデニア・グロボーサ(Adenia globosa)の育て方や栽培記録の紹介です。

アデニア・グロボーサ(Adenia globosa)の栽培記録

2020年9月22日に撮影したアデニア・グロボーサ(Adenia globosa)
2020年9月22日に撮影したアデニア・グロボーサ(Adenia globosa)

以前一度育てていたのですが枯らしてしまったアデニア・グロボーサ。サイズのちょうど良い株を2020年前半に購入して再度チャレンジすることにしました。葉っぱがないのでなかなか様子がつかめないのですが夏は高温多湿になりすぎないように、冬は寒さに注意して、用土が乾いたら水を与えるというセオリーをできる限り守って育てたい。

2021年2月6日に撮影したアデニア・グロボーサ(Adenia globosa)
2021年2月6日に撮影したアデニア・グロボーサ(Adenia globosa)

寒さに弱いですが、2020年の冬シーズンは新型コロナウィルスの影響でリモートワークをしていたせいか室内が温かい状態を維持できていて枝を伸ばしていました。照度は4,000lux程度とあまり強くない環境でしたが元気そうに成長していました。水やりを迷いましたが用土が乾燥したら鉢底からは流れ出ない程度に水を与えていました。

冬は非常に乾燥しているということもありハダニがつきやすく、常にハダニと戦っている感じ。2021年シーズンはアデニア全般でハダニが大量発生していくつかの株が弱ってしまいました。築いたら霧吹きで洗い流すように管理。春になっても室内で育てていましたがハダニ被害がひどいので7月中旬頃に外にだしました。

関連コンテンツ

アデニア グロボーサの販売

楽天市場で販売中のアデニア グロボーサ

楽天市場で販売中のアデニア グロボーサです。もっと探す場合は「アデニア グロボーサを検索(全3件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア グロボーサ

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア グロボーサです。もっと探す場合は 「アデニア グロボーサを検索(全14件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。