アデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)の育て方、栽培記録

東アフリカ原産のアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)の育て方や栽培記録の紹介。

アデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)の栽培記録

2020年6月28日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)
2020年6月28日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)

2020年6月にやってきたアデニア・エレンベッキー。植え替えつけして養成中ですがきちんと水を吸っている模様。

2020年9月3日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)
2020年9月3日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)

アデニアはあまり強い日照を必要としない場合があるのと、幹の部分が日焼けしてしまう可能性があるので遮光で育てるのが良いが、幹の部分に直射日光が当たらない、お昼すぎから夕方まで直射日光の当たる環境で育てている。葉の色を見るとギリギリな感じではあるが焼けることはなかった。 

2020年10月8日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)
2020年10月8日に撮影したアデニア・エレンベッキー(Adenia ellenbeckii)

9月後半から最低気温が20度を下回ってきた。また最高気温と最低気温が10度程度開く日が増えてきた。10月に入り最低気温は15度は下回っていないが既に休眠の準備に入ったようだ。9月下旬から断水気味に管理。2020年は10月8日にアデニア・エレンベッキーは取り込むことにした。

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。