ホヘンベルギア・ベスティタ(Hohenbergia vestita)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

壺型のブロメリア。ホヘンベルギア・ベスティタ(Hohenbergia vestita)の紹介。比較的大型に育ち、育てやすいホヘンベルギアです。

ホヘンベルギア・ベスティタについて

原産は不明だがもう数年手元で育てている。多分輸入株だろう。育て方は一般的なタンクブロメリアと同じく、自分は赤玉土(大粒)と軽石(大粒)の用土に植え付けている。成長は旺盛で1年程度で根鉢になる程度。

用土はビルベルギアと同じものを利用、下記参考記事です。

ホヘンベルギア・ベスティタの根の様子

ホヘンベルギア・ベスティタの根の様子

植え付けて約1年後の根の様子。サイズが大きめの鉢のほうがよいだろう。

タンクブロメリアは、できれば葉が閉じた状態。すなわち「締まった」状態のほうが鑑賞するにはよい。日照が不足しているのか個体差なのか若干葉が開いている。葉が長めに展開するので仕方がないだろう。

育成をしていくと古い葉が枯れていく。枯れた葉を残しておいても鑑賞として楽しめるので自分は残した状態でいる。新しい葉を展開しながら葉が垂れ下がってきて徐々に枯れていく。何年か育てているが、まだ脇芽も発芽もしていない状況で株自体が大きくなっていく。

個人的にはここの部分がもう少しぼってりしてくれると理想の形に近づくのだが。

同じ仲間のビルベルギアと違い、ホヘンベルギアは葉の痛みも美しいポイントだろう。このホヘンベルギア・ベスティタの鋸歯は小さくもなくいかつくもない。硬い鋸歯ではあるが葉はやや柔らかめ。

2017年2月27日に撮影。まだ葉数が少なく細い状態。

2018年5月13日に撮影。1年以上経過し大きくなった。

2018年10月29日に撮影。上の写真から5ヶ月でだいぶ黒色が抜けてしまった。育てる環境が同じなのだが2018年の夏は非常に暑くその影響があったのだろうか。気温が下がってくると色づいてくる。

ホヘンベルギアのおすすめの本 : HOHENBERGIA -Serrate Tanks- amazon / 楽天

関連コンテンツ

ブロメリアのカテゴリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す