ホヘンベルギア・レオポルドホルスティー | 育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

タンクブロメリアという言葉が似合う、黒くて壺型のホヘンベルギア・レオポルドホルスティー(Hohenbergia leopoldo-horstii)の紹介と育て方。日照条件がよいと黒く締まった株になり、非常に育てやすいタンクブロメリアの一つだ。そんなホヘンベルギア・レオポルドホルスティーの紹介

ホヘンベルギア(Hohenbergia)について

ブロメリア科の植物で、エアプランツ(チランジア属)やビルベルギア属などの仲間。タンク系のブロメリアと呼ばれる種類で、木に着生したり地面に生えていたり。主にタンク部分に水を貯めている。ダークフォームとかレッドフォームとか特徴が出ている株が多く同じレオポルドホルスティーでも栽培環境によって様々な特徴がでる。

同じタンク系のブロメリアでもビルベルギア(Billbergia)が筒ならば、ホヘンベルギア(Hohenbergia)は壺かなと

 

ホヘンベルギアのおすすめの本

HOHENBERGIA -Serrate Tanks-

全種解説をおこなったおそらく世界初となる本だそうです。見応えあり。あまり流通がしていないようでイベントなど以外では見かけないですが。

amazon詳細を見る | 楽天で詳細を見る

 

ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーの特徴

日光は必要な方だと思う。よく自生地などの写真を見るとチランジアなどとは違い木に着生というよりは地面に植わっているケースが多く、また強い日差しに当たり過酷な環境が多そうに思える。自分の環境では東向きのベランダでお昼すぎの太陽や西日が当たらなく比較的穏やかな環境のため多少徒長しているようにも思える。

特に冬場も多少成長することがあるようでその時に徒長気味になってしまう。できる限り太陽に当てるようにしている。新しく展開した葉は最初はグリーンだが時間が経つにつれて日照の影響か紫色になってくる。

 

用土について

用土は水はけの良い用土で、腐葉土などの有機用土は入れていません。大粒の赤玉土と軽石を1:1で混ぜたものを利用しています。また肥料も基本的には利用していません。稀に液体肥料を含む水をあげる場合がある程度です。

水やりについて

水やりは1週間に1回ほどタンクに水を貯める感じに上からかけます。その時に用土にも水をかけています。すぐには水がなくならないので多少忘れても大丈夫だと思います。冬は室内に取り込むほうがよいです。その場合は水やりを控えましょう。水を抜いておいたほうがよいということをよく聞きますが自分は入れたままにしています。水は少なめでも冬の間あまり追加で水を入れるということはありません。

 

紫色の葉っぱと、やや強めのトゲ(鋸歯)、また枯れた葉っぱの重なり、枯れた葉っぱのトゲなど、魅力的な見どころが多い種類だと思う。もう少しタンクが丸くなってガッチリ締まった葉っぱになってくれると理想なのだが、日照の問題か用土の問題かなかなか難しい。

 

 

植え替えについて

時期はあまり問わないが成長している温かい時期に行ったほうが根が張るので良い。ホヘンベルギアに関しては同じブロメリアのビルベルギアよりも根張りが旺盛のように見える。根は硬いがアガベの枝のような根ではないので意外と栄養を吸ったりするのではないか?と思う。根鉢になってしまっているが、今回の植え替えでは崩さずに一回り大きい鉢に植え替える。

 

約1年前の様子。根がきちんと張るとそれなりに成長をしてくれます。肥料などは与えていません。日照に強く、多少葉焼けしたとしても株自体は元気で、荒ぶるほうがレオポルドホルスティーは似合う気がします。雑誌などでは自生地は直射日光が当たるところに植わっている物を見るので厳しい環境のほうが適しているかもしれません。

遮光などをして大事に育てると、それはそれでキレイな姿を維持してくれるようにも思えます。

関連コンテンツ

楽天市場で販売中のホヘンベルギア レオポルドホルスティ

楽天市場で販売中のホヘンベルギア レオポルドホルスティです。もっと探す場合は「ホヘンベルギア レオポルドホルスティを検索(全5件)

Yahoo!ショッピングで販売中のホヘンベルギア レオポルドホルスティ

Yahoo!ショッピングで販売中のホヘンベルギア レオポルドホルスティです。もっと探す場合は「ホヘンベルギア レオポルドホルスティを検索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す