ユーフォルビア・オベサ(Euphorbia obesa)育て方

       

サボテンのような丸くてかわいいユーフォルビア・オベサ(Euphorbia obesa)の紹介と、育て方。個体差があり集めるのも楽しい。葉焼けオベサの(わかりやすい)成長記録を掲載しています!

ユーフォルビア・オベサ(Euphorbia obesa)について

ユーフォルビア・オベサの画像2

南アフリカ、北ケープ州が原産。Great Karooというケープタウンの北側に位置する半砂漠地帯に生息しているようだ。

(参考)アニスベルフ(Anysberg)自然保護区 photo by Winfried Bruenken

半砂漠地帯、周辺環境は南ケープと違い、夏は暑く冬は比較的気温が下がる。周辺都市のラングズバーグの気候を例にすると夏は30度を越し冬は5度前後が平均気温となる。年間を通じて雨はあまり降らないエリアのようだ。石が多く周囲に溶け込んでいるようだ。

ユーフォルビア・オベサの画像2

ユーフォルビア・オベサの魅力は、可愛らしいフォルムと多様性。模様の出方や木化の仕方、丸かったり高さがでているものがあったりとコレクションしたくなる魅力がある。近年は実生が行われたのか流通量が多く値段も下がってきているので好みの株を探すには良い環境になった。

手元にあるいくつか特徴の違う株を紹介する。個人的には丸い形を維持してくれる個体が好きです。

ユーフォルビア・オベサの画像3

こういった年数の経ったユーフォルビア・オベサも良い。これは輸入株なのか国内実生株なのかは定かではないが、結構な年数が経過している(手元に来て5年以上、今の所枯れないがあまり状態は良くない)。

ユーフォルビア・オベサの画像4

山木もしくは現地での実生株の雰囲気(入手経路は不明、5,6年ほど前に入手)

 

オベサの育て方

小さい株のうちは水涸れを起こしやすいが、大きくなるにつれて乾燥に強くなる。真夏は日焼けしやすいので注意が必要。ある程度サイズのある株は耐寒性があるが最低気温が5度を下回ってきたら室内に取り込んだほうが良い。0度以下には晒さないようにしたい。

水やり

気温が高い時期(春〜秋)は土が乾いたら水を与える。完全に乾燥してもすぐには枯れず、常に用土が湿った状態で水を与えすぎるほうが根腐れの原因になるので注意したい。

植え替えと時期

成長を再開する春先に実施するのが良いが、気温が高い時期(春〜秋)はいつでもおこなってよい。根張りが旺盛なわけではないので根詰まりはしにくい。用土を軽石や硬質な赤玉土などを混ぜておくと用土が長持ちし植え替え頻度を減らすことができる。

成長が旺盛な多肉植物は1年に1回植え替えなどをしたほうがよいが、ユーフォルビア・オベサに関しては水はけが悪くなってから、鉢のサイズが合わなくなってからの植え替えをしている。植え替え時にはできる限り根をいじらないようにしている。

冬の管理

気温が下がってくると成長が鈍化してくる。成長が鈍化してくると根から水を吸わなくなってくるので用土の乾きが遅くなり根腐れの要因になる。秋から冬にかけては表土が濡れる程度の水やり。冬の間は成長が見られない場合は断水したほうが根腐れなどの要因を排除できる。

日当たり

春、室内から出すときや真夏の直射日光では焼けてしまう可能性がある。必要に応じて遮光を行う。午前中の日が当たる場所に置いておくとよい。そこまで日照が必要ではない。

オベサの増やし方

増やし方は主に種からの実生、仔吹きオベサなどは子株を分けることができる。オベサの実生記事については下記を参照してください。

オベサの花、見分け方

ユーフォルビア・オベサは雌雄別体のため、雄株と雌株がある。両方の開花が揃い受粉すると結実しタネができる。見分け方については下記の記事を参照してください。

オベサの葉焼け株を使った成長記録

オベサの成長速度は遅め、なかなか変化が目に見えてわかりにくい。春秋など成長が早まり成長点の色などで判別がつく。ちょうど2015年に葉焼け(日焼け)をさせてしまったオベサがいるので観察記録 を下記に記載する。

2015年8月13日に撮影したオベサ

2015年8月13日に撮影したオベサ(葉焼け前)

まだ症状が出ていないが葉焼けをさせてしまった直後に撮影しただろう写真です。

2015年9月19日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2015年9月19日に撮影したユーフォルビア・オベサ

焼けた症状がでたあと。葉焼けを起こしたりすると一時的に成育が衰える場合があるが、葉焼け後に少し成長したあとが見られる。

2016年5月21日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2016年5月21日に撮影したユーフォルビア・オベサ

春になり動き出したことがわかる。日焼けから約9ヶ月後。葉焼けした部分はもとには戻らない。

2016年7月2日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2016年7月2日に撮影したユーフォルビア・オベサ

動き出したあとに開花した(ように思える)花柄が上がってくる箇所が徐々に増えてきている。葉焼けから約1年後の姿。1年間で日焼け以降の部分が成長した。

2017年6月30日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2017年6月30日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2017年11月22日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2017年11月22日に撮影したユーフォルビア・オベサ

高さがでていたが上部の横幅がでてきた。葉焼けから約2年後の姿。

2018年8月17日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2018年8月17日に撮影したユーフォルビア・オベサ

葉焼けから3年後の姿、きちんと成長していることがわかる。大体1年で花が咲く部分が4つくらい進行するのだろうか。

2019年5月5日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2019年5月5日に撮影したユーフォルビア・オベサ

2019年5月5日に撮影したユーフォルビア・オベサ(上から)

2019年5月5日に撮影したユーフォルビア・オベサ(上から)

上から見ると日焼けのあとがわからなくなった。葉焼けより株の模様が徐々にわからなくなり木化(木質化)?してきていることがわかる。

様々なオベサのタイプ(変種、園芸種、品種など)

  • オベサブロウ
  • オベサ 梵天
  • 仔吹きオベサ
  • シンメトリカ(オベサの亜種とされる)

オベサの関連コンテンツ

楽天市場で販売中のユーフォルビア オベサ

楽天市場で販売中のユーフォルビア オベサです。もっと探す場合は「ユーフォルビア オベサを検索(全27件)

Yahoo!ショッピングで販売中のユーフォルビア オベサ

Yahoo!ショッピングで販売中のユーフォルビア オベサです。もっと探す場合は「ユーフォルビア オベサを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す