エケベリア・フロスティーの育て方

エケベリア・フロスティの画像
       

ビロードのように繊細な毛をまとった葉を持つエケベリア・フロスティー(Echeveria pulvinata ‘Frosty’)は、もふもふ好きさんにはマストバイな多肉植物です。かわいいうえに丈夫で育てやすいのでこれから多肉植物を栽培される方にはおすすめです。そんなフロスティーの育て方や増やし方をご紹介します。

エケベリア・フロスティーとは

エケベリア・フロスティの画像

ベンケイソウ科エケベリア属の多肉植物です。

緑色の葉に白く細かい毛がびっしりと生えています。その毛はサボテンのように硬いものではないのでつまむと、ふわっと柔らかい毛に押し戻されて幸せな気持ちになります。

生育旺盛でどんどん葉を展開しますが、大きくはならず、上へ上へと成長していきます。そして下葉がどんどん落ちていきますのですぐに茎立った姿になります。

エケベリア・フロスティの横からの画像

茎立った姿が好みでなければ胴切りをして仕立て直すとよいです。根元側からは新しい芽がどんどん出てきます。さらに胴切りしなくても脇芽が出てきたりするので「増やしてみたい」という方にはうれしい多肉植物です。

下の写真が胴切りした根元側のフロスティーです。

エケベリア・フロスティの胴切りの画像

たくさんの新芽が生えてきています。

夏は緑色の葉ですが、冬になると青みがかった色に変化します。微妙な変化ですが他のエケベリアにはない美しい色と質感の葉を楽しむことができます。

エケベリア・フロスティの冬の様子

置き場所

基本的には風通しのよい屋外で管理します。

梅雨の時期に雨に当たりすぎると蒸れて枯れてしまいますので雨に当たらない場所に移動させたり、ビニールハウスなどに入れたりして対策された方がよいです。

夏の強い日差しに当たると葉焼けを起こして、ひどい場合には枯れてしまいますので直射日光が当たらない軒下に移動させたり、遮光シートなどで遮光をするとよいです。

冬の寒さに比較的耐えますが、雪を積もらせると凍結して枯れてしまいますので、雪が降るような日は屋内に避難させると安心です。

水やり

生育期は春と秋になりますので、この時期は土の表面が乾いて2~3日経ったら水やりをします。水やりをするときには鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

夏と冬は休眠期になり、たくさん水を与えると腐って枯れてしまいますので2週間~1か月に一度の頻度に水やりを減らすと安心です。

雨ざらしにしたり、頭からじゃぶじゃぶと水をかけると、ロゼット状になっている葉の中心付近に水が溜まってしまいますので、カメラのお手入れに使用するブロアーを使って水を吹き飛ばすとよいです。ただ、水を吹き飛ばさなければただちに蒸れたり、焼けたりするということはないのであまり神経質になることはないです。特にフロスティーはもけもけとした毛に水が浸透して水滴を吹き飛ばそうとしてもなかなか吹き飛んでくれないので、「だいたい吹き飛んだな」という程度で問題ないです。

植え替え

フロスティーは生育旺盛なので、すぐに根詰まりを起こしてしまいます。根詰まりになってしまうと、夏の暑さや冬の寒さに耐えにくくなりますので1年に1度は植え替えをすることをおすすめします。

適期は3月頃か9月頃です。生育期の初めころに植え替えを行うと、根を伸ばす期間が十分にあるため、夏の暑さや冬の寒さにも負けにくくなります。

用土は、市販のサボテン・多肉植物の土を使用すると失敗が少ないです。育てる環境や鉢の種類などに合わせて、草花の土を混ぜたり、緩効性肥料や殺虫剤を混ぜるとよいです。

手順

  • 植え替えの2週間前から水やりを停止し、根を乾燥させておきます。根が湿った状態で植え替えをすると根の切り口から雑菌等が入り、株自体が枯れてしまうことがありますので注意が必要です。
  • 鉢から株を抜きあげると土をしっかり落として、根を1センチ程度までハサミでカットします。根をたくさんカットすると成長が遅くなったりするのではないかと心配になるかもしれませんが、3か月ほどで鉢いっぱいに新しい根を張りますので、古い根は思い切ってカットした方がよいのです。
  • 用土を入れた鉢に植え付けて完成です。

根の切り口から雑菌が入ることを避けるため、水やりは翌日以降にすると安心です。

エケベリア・フロスティの増やし方

どんどん茎立ってくるのでカッターやハサミを入れやすいため、挿し木(胴切り)をして増やすのが楽です。

キッチン用のアルコールでカッターやハサミを消毒してから茎をカットします。

カットした頭側は2~3日切り口を乾かしてから用土を入れた鉢に挿します。蒸れて腐るのが心配な場合は発根を待ってから鉢に植えても問題ないです。2~3週間で発根します。*カットした根元側は2~3日切り口を乾かしてから水やりをするようにしてください。こちらも2~3週間ほどで芽が出てくるかと思います。

育てていると「脇芽が出てきたかな?」と思っていたら花芽だったりすることがあります。そんなときも早い段階でカットして土に挿すと根付いて芽を出すことがあります。場所をとらないので寄せ植えの片隅に挿して発芽するのを待ってみるのもよいかもしれません。葉挿しは難しいと言われていますが、全く成功しないわけでもないです。試しに挿し木の作業で取れてしまった葉などを葉挿しにしてみてはいかがでしょうか。根が出たら根の部分のみを土に埋めて水やりをします。直射日光に当たると葉焼けして腐ってしまいますので日光の当たらない場所で管理をすることがポイントです。芽が大きくなったら鉢上げをして管理をします。小さい苗は乾燥しやすいので土の乾燥具合をこまめにチェックしてあげたほうがよいです。

楽天市場で販売中のエケベリア フロスティ

楽天市場で販売中のエケベリア フロスティです。もっと探す場合は「エケベリア フロスティを検索(全4件)

Yahoo!ショッピングで販売中のエケベリア フロスティ

Yahoo!ショッピングで販売中のエケベリア フロスティです。もっと探す場合は「エケベリア フロスティを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す