Billbergia vittata ‘Domingos Martins’(ビルベルギア・ドミンゴス マルチンス)

       

様々なビルベルギアの交配種(ハイブリッド)の種子親や花粉親になっているBillbergia vittataの変種、Domingos Martins(ドミンゴス・マルチンス)の紹介。

Billbergia vittata ‘Domingos Martins’について

様々な交配種の種子親(Seed Parent)や花粉親(Pollen Parent)になっている、Billbergia vittata ‘Domingos Martins’。Billbergia vittataの変種とされていて、Billbergiaを入手し色々と育てていると必ず接触するであろう種類。

変種ということから、自然的に発生したものでF1となり、同種の交配では同じにはならずクローンによって同じ特徴を引き継ぐ。クローンはあまり出回っておらず、自分の手元に来たのは出処不明のBillbergia vittata ‘Domingos Martins’(2017年)で特徴から多分’Domingos Martins’と’Domingos Martins’の交配種だろう。

F2とも限らず不明。’Domingos Martins’に限らずBillbergiaの交配種に関しては様々な交配がされているので実質同じ品種名でも固定された親同士の交配は殆ど無いのと、環境によって大きく容姿が異なるのと流通時に交配の証拠はないのでラベルを信じるしかないのと同じラベルでも容姿が異なることが多い。

Billbergiaの交配種全般に本物か偽物かというのは難しいと思うのでラベル名で楽しむくらいがよいだろうが、Billbergia vittata ‘Domingos Martins’に関してはやっぱり出処がはっきりとした株を入手する機会があれば所有はしてみたいものだ(というくらいに考えたほうが良いと思う)

育て方

Billbergiaの中では大きくならないタイプのようだ。成長は大型のBillbergiaのほうが早く、小さいものは比較的成長が緩やかだ。用土は赤玉土(中粒)と軽石(中粒)を1:1で配合したものを利用していて、肥料などは置いていない。

冬以外の管理は風通しの良い屋外に、筒の中に水を貯めておく。定期的に筒の中の水が変わるくらい多くの水を与える。気温が20度を超える状態で用土の湿度を高めると(水やり頻度を上げると)根張りがよくなるようだ。

5度を下回った場合は室内に取り込むとよい。筒の中の水は溜まっていなくとも良いと言われるがマンションなどの気密性の高い部屋であれば完全に抜かなくとも良い。定期的に霧吹きをかけて乾燥しすぎないようにしている。

2019年5月31日に撮影。長い間沈黙をしていたDomingos Martins(ドミンゴス・マルチンス)だが子株がでてきた。入手してからはじめての子株なのでどのような特徴がでるのかは楽しみ。基本的にはクローンとなるため特徴を引き継ぐが、栽培環境による変化が大きい。自分の環境ではどのような特徴が出るのかは楽しみだ。

関連コンテンツ

楽天市場で販売中のビルベルギア

楽天市場で販売中のビルベルギアです。もっと探す場合は「ビルベルギアを検索(全16件)

Yahoo!ショッピングで販売中のビルベルギア

Yahoo!ショッピングで販売中のビルベルギアです。もっと探す場合は「ビルベルギアを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す