アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’(Agave potatorum ‘houou’)の育て方、栽培記録

コンパクトなアガベで美形のポタトルム、アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’の育て方や栽培記録の紹介です。

アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’について

アガベ・ポタトルム '鳳凰'の鋸歯
アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’の鋸歯

比較的コンパクトなタイプのアガベ・ポタトルム(Agave potatorum)で、葉がやや薄め、全体的に葉の色も薄めで葉は細かい鋸歯(トゲ)になっている。Agave potatorumは鋸歯が赤くなるがこのタイプは赤くならないようだ。

また海外ではAgave potatorum ‘Tradewinds’というタイプがあるが若干鋸歯の部分が違うように思える。

アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’の育て方

アガベ・ポタトルム全般としてよく日に当たる場所におく。アガベの中でもアガベ・ポタトルムは日照不足になると葉が長くだらしなくなりやすい。冬の間も取り込んだ場合、室温が温かいと成長をするために日当たりには注意する。

アガベ・ポタトルムは水が好きな株が多く、夏は表土が乾いたら水を与える。冬の間は日照不足などがある場合は、断水気味に育てると成長が抑制される。

用土は水はけのよい用土で、ゴールデン培養土:桐生砂:赤玉土を1:1:1で利用している。

アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’の栽培記録・成長記録

2016年9月4日に撮影したアガベ・ポタトルム '鳳凰'
2016年9月4日に撮影したアガベ・ポタトルム ‘鳳凰’

水枯れ気味になったのか、日当たりが強くストレスがあたったのか葉の外側がやや赤く色づいている。アガベ・ポタトルム ‘鳳凰’は冬に色づくことが多い。

2020年5月26日に撮影したアガベ・ポタトルム '鳳凰'
2020年5月26日に撮影したアガベ・ポタトルム ‘鳳凰’

2020年5月26日に撮影したアガベ・ポタトルム ‘鳳凰’。前回の写真から約3年8ヶ月経過。斑の入り方がだいぶ変わった。また下の葉を見てもらえるとわかるが2年ほど前にあまり日照がよくない環境(1日に午前中に2時間程度直射日光が当たる場所)に置いておいた為、葉が徒長している。

2019年夏からは1日にお昼過ぎから3-4時間直射日光が当たる環境においてあるがだいぶ葉が伸びてしまうことを改善できたように思える。アガベ・ポタトルムは太陽が登った、3-4時間以上の日照は必要と感じる。

アガベ 鳳凰の販売

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ 鳳凰

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ 鳳凰です。もっと探す場合は 「アガベ 鳳凰を検索(全7件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。大体300鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。