アエオニウム・ドドランタリス(Aeonium dodrantale)の育て方

2019年9月1日に撮影したドドランタリス
       

小さい花のような見栄えのアエオニウム・ドドランタリス、休眠期は外の葉がかれてきゅっと小さくなる。アエオニウム・ドドランタリス(Aeonium dodrantale)の育て方、成長記録を紹介します。開花写真もあります。

アエオニウム・ドドランタリス(Aeonium dodrantale)について

2019年9月1日に撮影したドドランタリス

2019年9月1日に撮影したアエオニウム・ドドランタリス

以前はセンペルビウム属に属していたようです、センペルビウム・ドドランタリス(Sempervivum dodrantale)1995年にアエオニウム属に変更とのこと。(wikipediaより)、日本ではグリーノビア属(Greenovia)としても流通しているようです。

カナリア諸島原産。薄い葉でロゼットを形成する。秋から春にかけて成長をする。真夏と冬は生育が止まる。現地ではあまり雨がふらない温暖な気候。

ドドランタリスの育て方

秋から春にかけてが成長期。春の開花後から秋までは休眠期となる冬型植物。現地ではあまり雨が降らないことからそれほど水やりに気を使う必要がない。成長期は用土が乾いたら1週間程度あけてから水を与える管理で良いだろう。水やりは他の多肉植物よりは少なめでよいようだ。

休眠期となり成長が止まる真夏と気温が下がった冬は断水気味に管理をする。

用土は水はけの良い用土が適しており一般的な多肉植物の培養土でよい。挿し木を行う場合は休眠期に用土に挿しておくと成長期から根を張る、挿し木の時期は成長を再開する前がよい。

ドドランタリスの栽培記録・成長記録

2019年9月1日に撮影したドドランタリス

2019年9月1日に撮影したドドランタリス

まだ休眠中のドドランタリス。

2019年11月15日に撮影したドドランタリス

2019年11月15日に撮影したドドランタリス

秋になり冬が近づくと動き出した。葉が開いてきて成長を再開してくれたようです。色が汚いのは薬剤散布をしたからなのですが、真ん中の親株が若干葉が枯れてしまった。薬害がでたのか日焼けしてしまったのか。

2020年1月10日に撮影したドドランタリス

2020年1月10日に撮影したドドランタリス

冬になり周りの子株も成長をしてくれています。外に置いてあり南向きベランダの奥側。だいたいお昼過ぎから数時間直射日光が当たる環境で育てています。基本的には寒波が来る時以外は外置きです。ベランダの奥なので夜は冷気が当たりにくいのと風が当たりにくい環境。秋口から1ヶ月に1,2回水を少量与えています。

2020年2月2日に撮影したドドランタリス

2020年2月2日に撮影したドドランタリス

ドドランタリスの親株の成長点。何やら真ん中の親株が急に動き出し始めました??2019年シーズンの冬はとても暖冬で春以降の休眠期に向かって開花でしょうか?

2020年2月11日に撮影したドドランタリス

2020年2月11日に撮影したドドランタリス

急に伸びてまいりました!!!開花に向かってゆくのでしょう。1つ前の写真が2月2日なので約1週間ちょっとで伸びてきた。全体的にボリュームがアップ。

2020年2月11日に撮影したドドランタリス、成長期

2020年2月11日に撮影したドドランタリス、成長期

前回の成長期の枯れ葉部分から立ち上がっていることがわかります。休眠期になったら挿し木で株分けをすることができそうですが当面はこのまま群生を楽しみたい。

2020年4月1日に撮影したドドランタリス

2020年4月1日に撮影したドドランタリス

2月に上がってきたドドランタリスの花芽、お花が開花した。アガベみたいな花の咲き方ですね。葉の数を見ると神秘的。

2020年4月3日に撮影したドドランタリスの花

2020年4月3日に撮影したドドランタリスの花

ドドランタリスのお花が満開になりました。それほど大きな花ではないですが綺麗な花です。匂いは特にありません。数日間持つようです。

 

関連コンテンツ

楽天市場で販売中のドドランタリス

楽天市場で販売中のドドランタリスです。もっと探す場合は「ドドランタリスを検索(全6件)

Yahoo!ショッピングで販売中のドドランタリス

Yahoo!ショッピングで販売中のドドランタリスです。もっと探す場合は「ドドランタリスを検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す