アデニア・レパンダ(Adenia repanda)を挿し木から育ててみる

塊根タイプのアデニア・レパンダ(Adenia repanda)の挿穂を購入したので挿し木から育ててみました。

アデニア・レパンダ(Adenia repanda)について

自分は親株を見たことがないのですが、たまに挿穂、挿し木の株がオークションなどで出回っているので購入してみました。アデニアはアデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)やアデニア・バリー(Adenia ballyi)なども現地球含めほとんど見かけませんがレパンダは更に見かけません。挿し木からでも塊根はできるようです。

2022年4月10日に撮影したアデニア・レパンダ
2022年4月10日に撮影したアデニア・レパンダ 植木鉢:SSN鉢「SSN07」

アデニア・レパンダ(Adenia repanda)の挿し木苗。SSN鉢のSSN07に植え付けてみました。

2022年9月21日に撮影したアデニア・レパンダ
2022年9月21日に撮影したアデニア・レパンダ 植木鉢:SSN鉢「SSN07」

成長はあまり感じられないがきちんと夏のシーズンを超えてくれました。1日数時間直射日光が当たる風通しの良い環境で用土が乾いたら水を与えていました。肥料は元肥の少量のマグァンプKのみです。

2022年11月23日に撮影したアデニア・レパンダ
2022年11月23日に撮影したアデニア・レパンダ 植木鉢:SSN鉢「SSN07」

前回から2ヶ月程度ですが変化がありませんが、寒くなり落葉してきたみたいです。最低気温が10度を下回る日が少しずつ増えてきて日中も雨の日は10度前半になってきたので、取り込みました。来年からは水やり頻度を高めて肥料を与えて育ててみようと思います。

関連コンテンツ

アデニアの販売

楽天市場で販売中のアデニア

楽天市場で販売中のアデニアです。もっと探す場合は「アデニアを検索(全35件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニアです。もっと探す場合は 「アデニアを検索(全156件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。