アデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)の紹介

ナミビア原産の、やや薄めのグリーンの幹に、キレイな葉が特徴的なアデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)の育て方や栽培記録の紹介。

アデニア・ペチュエリー(Adenia Pechuelii)の栽培記録

2021年6月16日に撮影したアデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)
2021年6月16日に撮影したアデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)

この株は2019年の年末頃に入手しました。アデニア・ペチュエリーはなかなか流通をしていなく種から育ててみたかったのですが種もほとんど見かけることはなかったです。ちょうど機会があり手元にやってきました。春にSSN鉢のSSN09というプラ鉢に植え付けました。

アデニアの塊根部分は直射日光で日焼けする可能性があるので風通しの良い半日陰の環境で育てています。大体1日に2時間ほど直射日光の当たる明るい環境です。水やりは用土が乾いてから数日経ってから与えていました。

2021年12月16日に撮影したアデニア・ペチュエリー(Adenia pechuelii)

前回の写真から約半年後のアデニア・ペチュエリーです。ほとんど枝の長さも成長していません。譲って頂いた方の話によると、ほとんど成長を感じられないと言ってましたが、1-2年ではほんと成長感じられませんでした。秋になると落葉してくるのでその頃から春まで断水で管理します。我が家の夏型植物の中でも結構早めの落葉です。

関連コンテンツ

アデニアの販売

楽天市場で販売中のアデニア

楽天市場で販売中のアデニアです。もっと探す場合は「アデニアを検索(全15件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニアです。もっと探す場合は 「アデニアを検索(全119件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。