アデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)の育て方、栽培記録

南アフリカ北部が原産の塊根が魅力的なアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)の育て方と栽培記録の紹介です。

アデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)の栽培記録

2021年7月5日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)
2021年7月5日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)

近年、このサイズの輸入のアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)を見かけるようになりました。この株は2019年頃に購入しました。直射日光を塊根部分に当てると焼けてしまうので夏の間は数時間直射日光の当たる環境や遮光した環境で育てるのが好ましいです。

この株は2021年2月に植え替えをしています。用土が乾いたらたっぷり水を与えます。成長期に液肥を与えると成長が早いように思います。

2021年9月25日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)
2021年9月25日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)

今年はおいてある場所が良かったのか、植え替えの元肥が良かったのかはわかりませんが葉が旺盛に成長してくれました。長過ぎる枝は巻いて管理をしています。今年は置き場を午後3時間ほど直射日光が当たる明るい棚の上で管理していました。

2021年12月17日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)
2021年12月17日に撮影したアデニア・スピノーサ(Adenia spinosa)

涼しくなり用土が乾きにくくなってくるので徐々に水やり頻度を下げてゆきます。アデニア・スピノーサは耐寒性があるわけではないので最低気温が5度を下回ってくる頃に取り込みをします。早めに取り込むと落葉をしないのですが、ハダニが付きやすく去年は苦労しました。今年は5度を下回ってきて葉が黄色くなってきたタイミングで取り込みました。もう少し早く取り込んでもよかったかもしれません。春になったら今年も剪定をしてみようと思います。

関連コンテンツ

アデニア スピノーサの販売

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア スピノーサ

Yahoo!ショッピングで販売中のアデニア スピノーサです。もっと探す場合は 「アデニア スピノーサを検索(全9件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。