[イベント]世界のらん展2020(東京ドーム・2月14日〜2月21日)|参加しました

毎年東京ドームで開催されている大規模ならん展「世界のらん展」(東京ドーム)が2020年2月14日〜2月21日の期間で開催されます。

世界のらん展2020(東京ドームらん展2020)の概要

東京ドームらん展2020の概要

  • 日時:2月14日(金)〜2月21日(金) (8日間!)
  • 時間:2月14日 12:00-21:00
  • 時間:2月15日、18日、19日、20日 10:00-21:00
  • 時間:2月16日、17日、21日 10:00-17:30
  • 会場:東京ドーム
  • 交通:JR水道橋駅、東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄水道橋駅
  • 前売券:2,000円 (ナイト1,000円)
  • 当日券:2,300円 (ナイト1,200円)
  • 通し券:5,000円
  • 公式サイト

イベントの紹介

今年も夜の照明を落とした展示になるみたいです。様々な展示から、コンテスト、ステージ企画、ワークショップ、200を超えるお店の出店など。ドームの観客席で休憩もできるので1日楽しめるイベントだと思う。

昨年の様子

世界のらん展2019の様子。東京ドーム
世界のらん展2019の様子。東京ドーム

去年は2日目の2019年2月16日(土)に参加しました!

参加レポート

東京ドームと割引券
東京ドームと割引券

池袋のらん展で割引券をもらったので使わせてもらいました。今年は2020年2月15日に参加です。

世界のらん展2020の様子。東京ドーム
世界のらん展2020の様子。東京ドーム

オーキッドゲート2020。今年はコロナウイルスの影響もあったかもしれません。去年と同じ午後14時過ぎに入場しましたが去年よりは人が少なかったです。写真関連の年に1回の大きなイベントのCP+2020は急遽開催中止のようですし。マスクを付けている方は多かったです。

世界のらん展2020、シンボルモニュメント「桜蘭」
世界のらん展2020、シンボルモニュメント「桜蘭」

今年も色々な展示がありました。

展示も多く楽しかった。

假屋崎 省吾の展示。
假屋崎 省吾の展示。
草月流の展示
草月流の展示

IKKOの「どんだけ〜」が会場に響き渡った後、夜の部に。今年は去年に比べて全体的に明るかった??全体的には盛り上がっていて、今年に関しては販売コーナーにそこまで人が多くなくて楽しめました。いくつか植物も買えました。

後楽園サク飯グルメ

東京ドームの最寄り駅は、JR水道橋、東京メトロ後楽園、都営地下鉄水道橋・春日と交通の便が多い。東京ドームから南側の水道橋方面は多く飲食店がある。もう少し南に足を伸ばすと神保町。

東京ドームといえば、ラクーア。ラクーアといえば叙々苑?!(ラクーアといえばスパラクーアかも?)

叙々苑、約肉ランチ[A] 3,520円(税込み)
叙々苑、約肉ランチ[A] 3,520円(税込み)
なんか叙々苑のランチ値上がったね、増税のせいかな??。叙々苑は夜のコースも悪くないけれどもお昼でこの程度がよいね。ちなみにいつも混雑しているように思える。

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。