ハオルチア・初夢殿の育て方

       

葉の表面のブツブツとオブツーサ系の美しい「窓」が混ざり合って魅力的なハオルチア・初夢殿の紹介と育て方

ハオルチア・初夢殿(Haworthia ‘Hatsuyumedono’)について

ハオルチア・初夢殿の写真

ハオルチア・初夢殿の写真

初夢殿は冬型の多肉植物で夏は半休眠する場合が多いようです。ススキノキ科ツルボラン亜科ハオルチア属に分類され、夢殿( H. ‘Yumedono’ )とオブツーサ・アクミナータ( Haworthia obtusa var. dielsiana f. acuminata )との交配種です。

夢殿の特徴である葉の表面のブツブツとオブツーサ系の美しい「窓」が混ざり合って魅力的な表情をみせてくれます。重厚感を感じさせながら透明感もある初夢殿は、ウィミー系のハオルチアの力強さとオブツーサの優しさを受け継いだハイブリット品種です。

ハオルチアの多くは南アフリカ原産で、特に軟葉系ハオルチアは岩陰で微かな光を窓で集めながら生きているそうです。そのためあまり強い日差しには強くないようで、カーテン越しの微かな光量の環境を好む印象です。

ハオルチア・初夢殿の育て方

ハオルチア・初夢殿の育て方

初夢殿は一般的な多肉植物のイメージとは反対に、日陰を好むようです。夏場は特に一日中日光が当たる環境だと枯れてしまう場合があります。かと言って日陰に置きすぎると葉が間延びしてしまいます。

私の栽培している株も少し間延びしてきてしましました…。少なくとも1~2時間程度は日が当たるところか、カーテン越しの柔らかい光量の窓辺が最適なようです。夏は涼しく冬は暖かく、湿度の保たれた冷暖房の効いた室内環境が生育にマッチするため一年通して室内で管理しています。

水やりについて

土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしています。水をやりすぎると水分多可になって徒長したり根腐れしたりするので注意しています。乾燥にはかなり強いようで、しばらく水やりを忘れて放置しても大丈夫です。特に夏は半休眠するので断水して乾燥した環境に置くようにしています。夏場断水すると葉の周りが赤くなりますが、涼しくなって水やりを再開すると元気な緑色に戻ります。

冬の管理について(耐寒性について)

冬の寒さにはかなり弱いので、基本的に冬は野外に置かないようにしています。霜にあたるような事があるととたんに枯れてしまうようです。冬は休眠するので水やりも月に1度あげれば大丈夫です。

植え替え方法について

2年に1回程度従来より少し大きめの鉢に植え替えをしています。葉と同じように水分をたっぷり蓄えた太い根がはるので、高さのある鉢を使うようにしています。植え替え時は根鉢をほぐし古い根を整理してから植え込みます。すぐに水やりはせずしばらく乾燥させてからたっぷり水やりをしています。

肥料について

肥料はほとんど施していませんが問題なく成長しています。必要であれば緩効性の肥料を2〜3粒土の表面に置いておくとよいようです。

病害虫につて

通気性の悪い場所に置いておくと稀にカイガラムシやアブラムシがついてしまいます。排水性の悪い養土を用いると根腐れを起こすので、水はけのよいサボテン用の培養土で栽培しています。鉢底石を厚めに入れて排水層を余計に作るようにしています。

楽天市場で販売中のハオルチア 初夢殿

楽天市場で販売中のハオルチア 初夢殿です。もっと探す場合は「ハオルチア 初夢殿を検索(全2件)

Yahoo!ショッピングで販売中のハオルチア 初夢殿

Yahoo!ショッピングで販売中のハオルチア 初夢殿です。もっと探す場合は「ハオルチア 初夢殿を検索

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す