Agave titanota ‘麻花龍’ 栽培記録の紹介

アガベ・チタノタ(Agave titanota ‘麻花龍’)の育て方や栽培記録の紹介

2023年4月18日に撮影したAgave titanota '麻花龍'
2023年4月18日に撮影したAgave titanota ‘麻花龍’

裏にブツブツができるタイプらしいアガベ チタノタ ‘麻花龍’(Agave titanota ‘麻花龍’)、最近注目されてきたブツブツ系ですがどちらかというと成長が遅くコンパクトになりそうということで期待をしています。品種名は入手時の名前になっています。

2023年6月19日に撮影したAgave titanota '麻花龍'
2023年6月19日に撮影したAgave titanota ‘麻花龍’

野外での直射日光による管理で、LED栽培に比べると難しいとはおもうのですが、気温が暖かくなってきて少しずつ動いてくれました。夏は気温が高すぎて成長が止まってくるので春秋の成長に期待したいです。子株ができるようでしたら、LED栽培でも試してみたいと思います。

2023年9月30日に撮影したAgave titanota ‘麻花龍’

野外の直射日光で育てているため、真夏の連日35度を超え夜も30度近い日が続くとほとんど成長をしないのですが、3ヶ月程度で葉っぱが2枚展開してきました。ここから短い秋のシーズンでどのくらい大きくなるのか?栽培場にどうしても虫がいて食害されたりするので殺虫剤や殺ダニ剤をかけてから室内LED栽培に移行してもよいかもと最近は思っています。

アガベ チタノタの販売

楽天市場で販売中のアガベ チタノタ

楽天市場で販売中のアガベ チタノタです。もっと探す場合は「アガベ チタノタを検索(全754件)

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ チタノタ

Yahoo!ショッピングで販売中のアガベ チタノタです。もっと探す場合は 「アガベ チタノタを検索(全656件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。