ドルステニア・ギガス ‘ブラータ’(Dorstenia gigas f. bullata)の紹介

ドルステニア・ギガスに比べると矮性の葉っぱでコンパクトなドルステニア・ギガス ‘ブラータ’(Dorstenia gigas f. bullata)の育て方や栽培記録の紹介

ドルステニア・ギガス ‘ブラータ’(Dorstenia gigas f. bullata)の栽培記録

2023年6月5日に撮影したドルステニア・ギガス ‘ブラータ’(Dorstenia gigas f. bullata)

6月に行われたイベントで見つけて購入してみました。植え替えして間もないことと赤玉土中心の用土、発根はしているようだったので植え替えをせずにそのまま今年は育ててみようと思います。

葉っぱの数は増えていかずに新しい葉っぱが出ては、古い葉っぱが枯れる感じで成長がわかりにくいですが、大きく育ってもらいたいです。ドルステニア・ギガスと同じ育て方であるならば、寒さには弱いはずなので気をつけて管理していきたいと思います。最低気温が10度下回る前に取り込む予定です。冬に休眠させないで強めのLEDで管理するのもありかもしれません。

2023年9月11日に撮影したドルステニア・ギガス 'ブラータ'(Dorstenia gigas f. bullata)
2023年9月11日に撮影したドルステニア・ギガス ‘ブラータ’(Dorstenia gigas f. bullata)

前回より3ヶ月経過しましたがあまり成長を感じられず。新しい葉っぱは出続けていますが落ちてゆきます。あまり直射日光が強くないほうが調子がよさそうなので、あまり直射日光の当たらない他の植物の木陰で育てることにしました。

ドルステニア ギガスの販売

楽天市場で販売中のドルステニア ギガス

楽天市場で販売中のドルステニア ギガスです。もっと探す場合は「ドルステニア ギガスを検索(全2件)

Yahoo!ショッピングで販売中のドルステニア ギガス

Yahoo!ショッピングで販売中のドルステニア ギガスです。もっと探す場合は 「ドルステニア ギガスを検索(全71件)

よろしければこちらもどうぞ

この記事を書いた人

yurupu

ゆるぷの管理人。会社員(東京)植物栽培歴は20年。栽培環境は東向きベランダ→南西向ベランダ。400鉢くらいを管理。最近はマイナーな灌木とユーフォルビアの普及種が好きです。日本ブロメリア協会(BSJ)、国際多肉植物協会(I.S.I.J.)会員。